サプリマガジン
    乳酸菌はダイエットにも効果的って本当?

乳酸菌で痩せるって本当?ダイエット効果を徹底検証

乳酸菌はダイエットにも効果的って本当?のイメージ
乳酸菌とダイエットってなかなか結びつくイメージがありませんが、実はいま多くの方が痩せるために乳酸菌を摂取しているって知ってましたか?ここでは、読んで納得の乳酸菌のダイエット効果についてご紹介します。

乳酸菌にはダイエット効果も期待できる!言われて納得の乳酸菌の働きまとめ

無駄な脂肪のないスッキリ体型はみんなの憧れですよね。でも現実はおなかにポッコリ脂肪がついてたり、去年より体重が何キロも増えていたり、ダイエットしてもリバウンドするなど、スリムな体型がかなわぬ夢になっていたりしませんか?

余分な脂肪は美容と健康の大敵なので、しっかり戦っていきたいところ。実は乳酸菌が燃えやすく、留まりにくい体を作るって知っていましたか?

便秘解消とダイエットの関係

腸内に悪玉菌が増えると便秘になりやすくなり、便秘はさらに悪玉菌を増やしてしまいます。ダイエットサプリメントの中には、下剤同様の成分のものもあり「余計なものをスッキリ出してキレイになろう!」のような宣伝もよく耳にしますよね。

おなかがスッキリするといえば乳酸菌の食品やサプリメントも有名ですが、下剤は便秘を治す薬ではなく便を排出させる薬で、腸内環境を整えてスッキリが続くようになる乳酸菌とは目的が違うんです。

下剤に近い成分でお腹まわりをスッキリさせて、一見スリムになった感じがするサプリメントはあくまで便秘の応急処置なんですね。余計なものが出てお腹まわりがスッキリしたり、便の分体重が減ったら「よし、痩せた!!」と実感しやすいのです。

実際には自分でスッキリ出せるようになる乳酸菌のほうがダイエットの強い味方なんですね。腸内の乳酸菌などの善玉菌を増やすと、腸の動きが活発になっておなかがスッキリする効果だけでなく、さらに燃えやすく、留まりにくい体になるんです。

余計な脂肪がついてしまう時は、身体のどこかが悪くなっていたり、滞ってるサインです。善玉菌を増やして腸内環境を整えることで、身体が本来あるべき健康な状態になることがダイエット成功の鍵になるんですね。

腸内環境が悪化すると太りやすくなる

善玉菌を増やすと燃えやすく、留まりにくくなると触れましたが、まず善玉菌が少なく悪玉菌が多い状態では腸はどんな状態になっているのでしょうか。

腸は食べたものから栄養を吸収したり、残りカスを便にして出すという役目を担っています。つまり栄養の選別をして取るもの捨てるものを決めているんですね。腸内に悪玉菌が増えて、腸内環境が悪化するとそれがうまくいかず、太りやすい腸になってしまうんです。

  • 食べ物から更にカロリーを生み出し、体脂肪が増える
  • 脂肪を吸収しやすくなってしまう
  • 基礎代謝が悪くなる

悪玉菌は食べたものをさらに腐敗させて、普通に食べて排出する以上のカロリーを生み出し、それがやがて体脂肪に変わってしまいます。

さらに脂肪を分解・吸収するために、肝臓から分泌される胆汁酸が悪玉菌と出会うと、二次胆汁酸という物質に変化します。この二次胆汁酸は普通の胆汁酸よりも脂肪の分解・吸収の能力が高く、脂肪を余計に体に溜め込んでしまうんです。

さらに悪玉菌は食べたものを腐敗させて有毒物質作り出し、善玉菌の働きを邪魔してしまいます。腸を活発にしてくれる善玉菌が悪玉菌に負けてしまうと、腸の動きが停滞して動かず、基礎代謝が悪くなります。

基礎代謝は身体が生命維持のために黙っていても消費するエネルギーのことで、人間が1日に消費するエネルギーの70%もの割合を占めています。つまり基礎代謝が上がれば、毎日黙っていてもカロリーが消費され痩せやすい体質になりますが、逆に悪くなると、ついてしまった脂肪が代謝しにくくなってしまいます。

それぞれの臓器が基礎代謝で消費するエネルギーの割合を表した1989年「FAO/WHO/UNU合同特別専門委員会報告」によると、中でも内臓の基礎代謝の割合の高いことがわかります。

  • 脳19%
  • 筋肉18%
  • 内臓63%(肝臓27%・腎臓10%・心臓7%・その他19%)

腸について個別のデータはありませんが、約60%も内臓で基礎代謝が行われていること、代謝が活発な肝臓と腸は同じ消化器系の臓器同士密接な関係であることから、腸の基礎代謝を上げることは痩せやすい身体づくりに有効だと言えますね。

昔は筋肉がほとんどの基礎代謝を担っているとされ、とにかくトレーニングして鍛えないと基礎代謝は上がらないと言われていましたが、実際は内臓の機能を良くにすることが効果的だったんですね。

腸だけでなく、内臓に負担をかけない生活が全身の基礎代謝につながるので、姿勢正しく、腸をはじめ内臓がよく動くように3食をバランスよくきちんと食べることが大切です。ダイエットの過度な食事制限で内臓にストレスをかけているのをよく見かけますが、基礎代謝の面から見えれば逆効果なんですね。

このように、腸内環境が悪いとダイエットには百害あって一利なしです。健康にも同じなので、善玉菌を増やして腸内環境を良くする必要があります。では、善玉菌を増やして腸内バランスを整えるにはどうしたらいいのでしょうか。

腸の善玉菌を増やして自然にスッキリ体型

今までの話を踏まえて、腸内の善玉菌が増えると得られるダイエット応援効果をまとめてみましょう。

  • 食べたものから余分なカロリーを摂取する前に体外に排出
  • 必要以上の脂肪を吸収しにくくなる
  • 腸の動きが活発になり、基礎代謝にいい影響がある

腸内環境を良くすると留まりにくく、燃えやすい体質になることがわかりますね。善玉菌代表の乳酸菌はヨーグルトなどの乳製品や、乳酸菌サプリメントや整腸剤で摂取することができるので、手軽に毎日の習慣に取り入れられるダイエットの強い味方です。

乳酸菌は便と一緒に毎日排出されてしまいますが、毎日摂取し続けることで悪玉菌よりも腸内で優位な立場になっていきます。善玉菌優位の状態を維持すると、留まりにくく燃えやすい体質も維持できるんですね。

乳酸菌は摂りはじめて善玉菌優位の状態になるまでに、3ヶ月くらいかかると言われていますので、まずは3ヶ月乳酸菌を生活に取り入れてみましょう。実感するために、毎朝の便通や体重をこまめにチェックしてみるといいかも知れません。

ダイエットは噂やイメージに惑わされて、間違った方法をとってしまっては逆効果です。まずは健康的に腸内環境を整えることが大切ですので、計画的に乳酸菌を取り入れて、留まりにくく燃えやすい体質を目指しましょう。

 

こちらの記事もよく読まれています

ページのトップへ