腸内フローラってなに?改善するとダイエット効果も期待できる?

腸内フローラを改善する方法と効果について

腸内フローラってなに?改善するとダイエット効果も期待できる?のイメージ
食事を減らしても太る、運動しても痩せない、そんな悩みはありませんか?その太りやすい体質の原因は、腸に住んでいる細菌の群れである腸内フローラのバランスが乱れているせいかも知れません。

腸内フローラってなに?改善することでどんなメリットが得られるの?

食べ過ぎたわけでもないのに、なぜか体重が増えてしまう。頑張って食事制限しているのに全然お肉が落ちない・・・。そんな悩みってありますよね。実はそのダイエットの悩み、腸内細菌バランスの乱れが原因かも知れません。

腸には100〜300種類もの菌が住み、そのバランスが乱れると太りやすくなる事があります。さらに、中には脂肪を溜め込みにくくするヤセ菌もあるんですね。そんな腸内細菌とダイエットの関係をくわしく解説します。

腸内フローラって何?その性質と働きとは

美容や健康にアンテナが立っている人なら、腸内フローラという言葉を聞いた事がある人もいるかも知れませんね。腸内フローラとは、腸内細菌の群れそのものの事を言います。フローラは花畑という意味で、いろんな種類の腸内細菌が腸内にびっしり生息している様子から名付けられました。

この腸内フローラは人によって個性もありますし、食生活やストレスなどいろんなきっかけで変化していきます。そして、腸内フローラの中には良い菌も悪い菌も住んでいて、そのバランスが美容や健康に影響するんですね。

腸内細菌って何のためにいるの?

そもそも、腸内フローラを形成している腸内細菌がなぜ人間の腸に住み着いているかというと、人間の食べた物を栄養に生きていくためだったりします。

でも、一方的にご飯をもらい住み着いているだけではありません。ビタミンを合成したり、免疫を整えて病気から守ってくれたり、人間の体にとって無くてはならない存在が腸内細菌なんですね。ただ、腸内フローラに住んでいる菌は、人間にとって良い菌ばかりとも限らないんです。

腸内フローラには善玉菌・悪玉菌・日和見菌がいる!

腸内フローラには、100〜300種類程度のいろんな細菌がひしめきあって暮らしています。実は、その細菌を善玉菌・悪玉菌・日和見菌の3つに分ける事ができるんです。

腸内細菌の分類腸内フローラでの役割菌の種類
善玉菌人間の体にとって良い作用のある菌ビフィズス菌・ラクトバチルス菌など
悪玉菌毒を出してしまう悪い菌ウェルシュ菌・ブドウ球菌など
日和見菌体調を崩した時に悪玉菌に味方してしまう菌大腸菌など

つまり、善玉菌と悪玉菌の戦いが腸内フローラでは起きていて、悪玉菌が勝ってしまうと日和見菌までもが体に悪い働きをしだしてしまうんですね。

悪玉菌優位になって腸に毒素が出てしまうと、そのせいで腸の動きが悪くなって便秘を起こしたり、代謝が落ちて太りやすくなってしまいます。最悪の場合、感染症や生活習慣病などの病気になってしまう事もあるんですね。

逆に善玉菌が優位でいれば、腸がよく動いて便通が良くなったり、免疫の調子が整ってアレルギーや病気にもかかりにくくなります。代謝も良くなってダイエットにも有効なんですね。

とっても簡単!腸内フローラを整えてダイエットする方法

ここまで腸内フローラとは何かという事を解説しましたが、腸内フローラのバランスを整えると、太りにくくなるという効果もあるんですね。実は肥満や代謝異常など「太りやすい体質」は腸内細菌が原因な場合があるんです。

腸内フローラを整えると痩せやすくなるメカニズムや、実際に腸内フローラのバランスを整える簡単なダイエット法を解説しますね。

太る腸内フローラと痩せやすい腸内フローラがある!

あまり食べないのに太ってしまう・ダイエットの効果が出にくいという人は、もしかして太りやすい腸内フローラの持ち主かも知れません。

それを証明する実験として、無菌状態で育てたマウスたちの腸に、肥満マウスの菌と普通のマウスの腸内細菌を移植する実験が行われた事があります。菌の移植後に同じエサを食べていたにもかかわらず、太ったマウスの菌を移植されたグループのほうが20%も多く体脂肪がついてしまったんですね。

つまり、太る腸内細菌を持っていれば食事制限しても痩せにくく、同じ食事をしても人より太りやすくなってしまうんです。

これは、脂肪を溜め込みにくくする腸内細菌が多いか少ないかで太りやすさが違うと言われています。このいわゆるヤセ細菌はバクテロイデス類といい、食物繊維をしっかり摂取すると増える腸内細菌なんですね。

痩せやすく理想的な腸内フローラの条件とは?

ここまでの話だと、過去のダイエットがうまくいかないのは自分の努力不足ではなく、腸内細菌のせいだったのかも知れません。ちょっと希望が湧きますよね。それなら、痩せやすい条件が揃った腸内フローラとはどんな状態なのでしょうか?

  • 善玉菌2割・悪玉菌1割・日和見菌7割のバランス
  • ヤセ菌のバクテロイデス類が多く太りにくい腸!

まず、腸内フローラのバランスを整えたければ、善玉菌を腸に増やしてあげる事が大切です。善玉菌を菌を体外から入れてあげると、悪玉菌に偏って太りやすい状態だった腸内フローラが改善されますよ。善玉菌優位な腸は運動が活発で代謝が良く、内臓の基礎代謝も上がるので痩せやすくなるんですね。

さきほど触れたように、脂肪を溜め込みにくくするヤセ菌・バクテロイデス類が多い事も太りにくい腸内フローラの条件です。バクテロイデス類の好物である食物繊維をしっかり摂取すると、このヤセ菌を増やす事ができますよ。

痩せやすい腸内フローラを作る!3つのダイエット法

では、理想の腸内フローラが見えたところで次はそれを叶える方法ですね。具体的にどうやって善玉菌を腸に取り入れたら良いか、腸内フローラのバランスを整えるには何を食べたら良いのかなど、具体的に痩せやすい腸内フローラを作る方法を解説しますね。

  • ヨーグルトなど生きて腸まで届く乳酸菌を摂取する
  • 腸まで届きやすい乳酸菌サプリメントを飲む
  • 良い菌のエサになる食物繊維・オリゴ糖を食べる

ヨーグルトなどに含まれる乳酸菌・ビフィズス菌などは腸に生きて届けば善玉菌として作用してくれる心強い菌です。善玉菌が増えると悪玉菌の増殖は抑えられ、腸内の細菌バランスが善玉菌優位になります。

しかし、善玉菌は生きて腸に到達してもそのまま腸に住み着く事はできません。人間の腸は、免疫から許可された「住んでも良い菌」しか住み着く事が許されないからです。ヨーグルトやサプリメントで摂取した乳酸菌は、いずれ便になって体外へ出て行ってしまうんですね。

ただ、便になるまでの間は悪玉菌と戦ってくれます。だから、毎日こまめに乳酸菌を摂取して腸の善玉菌を応援してあげましょう。また、乳酸菌などの善玉菌を直接摂取するのも良いですが、善玉菌が特に好む成分を食事に取り入れるのも有効ですね。

食物繊維やオリゴ糖を人間が食べれば、腸にいる善玉菌が増えて腸内細菌のバランスが善玉菌優位に整いますよ。太りにくくなる腸内細菌・バクテロイデス類も食物繊維で増える性質があるので、野菜や豆などを積極的に食べましょう。

また、死んでしまった乳酸菌も腸内にいる善玉菌のエサになります。生きて腸に届くタイプでなくても、普通のヨーグルトや乳酸菌飲料でも善玉菌を増やす効果がある程度期待できるんですね。

ダイエットには乳酸菌サプリメントが一番手軽!

ここまで、どうやって腸内フローラを整えて痩せる?という話題でしたが、ヨーグルトやサプリメントなど、乳酸菌を取り込むにはいろんな方法がありますよね。

中でも、最も楽で効果的なのが乳酸菌サプリメントです。サプリメントはカロリーが低いので太る心配がなく、日持ちもするのでまとめて買っておく事もできます。食物繊維などを食事や健康食品で補えば、もっと完璧ですね。

乳酸菌サプリもいろいろ種類がありますが、まずは2週間続けてみて自分の腸内フローラとの相性をチェックしてみましょう。腸内フローラは一人一人個性があるので、相性が大切なんですね。

ダイエットは厳しい食事制限や運動が大事だと思われがちですが、腸内細菌にも痩せるヒントがあったんです。無理なくすぐに始められる、手軽な腸内フローラ改善ダイエットに是非挑戦してみて下さいね。

 

こちらの記事もよく読まれています

ページのトップへ