葉酸の摂取と双子が生まれる確率

葉酸の摂取と双子が生まれる確率

葉酸の摂取と双子が生まれる確率のイメージ
葉酸を摂取することと双子が生まれる確率には、関連があるのでしょうか?実は、オーストラリアの研究チームがこのテーマに関する検証を行いました。その結果は...!?

葉酸の積極的な摂取で双子が生まれる確率が上がるって本当?

赤ちゃんは幸せを運んできてくれますが、それが双子ちゃんだったら...と考えている方もいると思います。

葉酸は、双子の妊娠の確率を上げてくれる効果があるとも言われています。高齢出産や不妊治療中で、できれば一度に赤ちゃんを二人授かりたいママもいると思います。

今回は、双子の赤ちゃんが欲しいママさんにとって、ちょっと役立つ情報をお届けします。

葉酸の積極的な摂取で双子が生まれる確率が上がる?

妊活中に葉酸を摂取した人はしなかった人よりも約40%双子を妊娠する確率が高くなった、というオーストラリアの研究チームのデータがあります。もともと、日本の場合は双子を妊娠する確率は1%前後と言われています。

日本人の平均的な食生活では1日に必要な葉酸をコンスタントに摂取することは難しい面もありますが、それをサプリメントでカバーするのは一般的になりつつあります。

先ほどのデータを見ると、葉酸サプリを摂取した1,000人のママがいるとすると、双子の赤ちゃんが普通は10組生まれるところが14組に増える計算ですね。

多いか少ないかは考え方次第ですが、この結果は夢が膨らみますね。

また、双子の赤ちゃんもそうでない赤ちゃんも、葉酸は妊娠前から摂取したい栄養素です。双子の産み分け以外にも、プレママや赤ちゃんに嬉しい効果が沢山あるのです。

赤ちゃんがほしい人が葉酸を摂取するメリット

葉酸は、お腹の赤ちゃんを育てる上でも、ママの健康の上でも大切な栄養素です。

赤ちゃんにとっては、遺伝情報を伝えるDNAの生成を助け、細胞分裂に大きな役割を果たす栄養素です。DNAの異常、つまり染色体の異常を防ぎ奇形のリスクを減らしてくれるんですね。

プレママには、血を作って貧血を防いでくれる効果もあります。葉酸は別名「造血ビタミン」とも呼ばれているんです。

また、男性が摂取しても赤ちゃんの奇形を防いでくれたり、パートナーが妊娠する確率が上がったりというデータもあるんですよ。

あとで触れますが、双子の妊娠はママも赤ちゃんにも負担が大きくなります。

無事な出産を目指す体づくりのために、ママにも赤ちゃんにも葉酸サプリは効果的なんです。

双子だと葉酸も二人分?は間違い

通常、妊娠初期は通常の食事の他、葉酸はサプリメントで400μg摂取するのが良いとされています。双子を望む人、妊娠した人は「二人分なのに、これで足りるかしら」と不安になるかも知れません。

でも実際は、双子の場合も葉酸の摂取量は400μgが良いとされるのは変わりません。

適正な量だと良い効果のある葉酸ですが、1日1000μgを超えて摂取し続けると赤ちゃんが喘息になりやすいという問題が出てしまいます。過剰摂取には気を付けたいですね。

まだある、双子を授かる方法

双子を授かる方法はいろんな説がありますが、一番確実なのは排卵誘発剤を使って一度に複数排卵したり、体外受精で一度に複数着床に成功すると双子が誕生します。

あと、30代後半のママの場合、一度に排卵する卵子の個数が増える傾向にあり、高齢出産だと双子が授かりやすいといわれています。これから赤ちゃんがほしいひとにとってはとても勇気の出るデータですね!

食べもので効果的と言われているのが乳製品や肉や魚など動物由来の食品。乳製品をよく食べているママは食べないよりも5倍も双子を妊娠する確率が高いというデータもあるんです。

動物由来の食品に含まれるIGFという物質が卵巣の機能を活発にし、排卵を促す作用があるからといわれています。乳製品や肉や魚をしっかり食べると妊娠しやすい体作りに効果的なんですね。

実は負担が大きい双子妊娠

最初にふれたように、一度にふたりの赤ちゃんを授かれる双子妊娠は高齢出産や不妊治療中のママにとってはとても魅力的なことに映ると思います。

ただ子宮は本来ひとりの赤ちゃんを育てて出産する用にできているもの。妊娠出産はより大変なものになります。帝王切開になることも多いので、産後の回復に時間がかかることも考えなくてはいけません。

葉酸は細胞分裂を促して傷の回復も助けてくれますので、帝王切開する予定のひとにも大切な栄養素です。

授かって無事出産してママが回復するまで、ずっと助けてくれるのが葉酸なんですね。

双子がほしいと思い立ったら、葉酸サプリや動物由来の食材で双子妊娠の確率を上げて、大変な出産に向けてしっかり体作りをしたいですね!

 

こちらの記事もよく読まれています

ページのトップへ