サプリマガジン
    DHAやEPAが中性脂肪を下げる仕組み

中性脂肪を下げるのにDHAやEPAが最適な理由

健康診断の際は、中性脂肪の数値が気になる方も多いとおもいます。何かとネガティブに捉われがちの中性脂肪ですが、この中性脂肪を減らすのにDHAが有効というのをご存知でしたか?

中性脂肪が気になったらDHAとEPAを摂取したほうがいい理由って?

会社の健康診断、恐る恐る同僚に「お前どうだったの?」と聞くと「中性脂肪とコレステロールが高かったよ。今回は肉もビールも我慢したのに・・・。」と答える、こんなやりとりをもう何年も続けている方も多いんじゃないでしょうか。

気になってきた中性脂肪を溜め込まず、代謝しやすくするのがDHAやEPAの特徴です。どのようなメカニズムで中性脂肪の数値を下げるのか、触れてみたいと思います。

健康診断で中性脂肪が高いと言われたら

健康診断の嫌われ者!中性脂肪は毒だ!というイメージが蔓延していますが、実は体に必要な栄養素でもあります。中性脂肪は血液中に流れている脂肪の一種で、体を動かすエネルギーとなる大切なものです。あらゆる食べ物に含まれ、日常的に摂取している栄養素です。

人間が活動するときは、まず血液中の糖をエネルギーにしますが、糖が無くなった時は中性脂肪を分解してエネルギーに変えて使います。そのため、中性脂肪が足りないと疲れやすい体質になってしまいます。

このように中性脂肪は体に必須の栄養素ですが、増えすぎることで恐ろしい問題を起こすようになってしまいます。

まず中性脂肪が増えすぎると、悪玉コレステロールも続いて増える性質があります。悪玉コレステロールは血管の内壁にどんどんくっついてしまいます。

さらに、悪玉コレステロールは血管壁に入り込み炎症を招きます。炎症とは細菌などの外敵から人体が攻撃を受けている証拠なので、敵やっつけようとマクロファージという白血球が変異したものがそこにやってきます。

マクロファージは悪玉コレステロールが大好物という性質を持っており、食べるだけ食べたらマクロファージ本体はその場で死んでしまいます。マクロファージの亡骸はそのまま血管壁に残り、やがてプラークという物質に変化してしまうのです。

プラークが血管の内側にくっついてしまうと、血は流れにくく血管と心臓への負担は増え、血管は硬くもろくなり、血圧も上がり危険な状態になっていきます。この状態を 動脈硬化と呼びます。さらにプラークが破裂すると血栓(血の塊)が血液中に放たれてしまい、それが動脈硬化で細くなった血管に詰まり、 脳梗塞や心筋梗塞などを引き起こす最悪の事態も考えられるのです。

血管が詰まる病気はいずれも死の危険が高い病気ばかりです。つまり 健康診断で中性脂肪が高いと指摘されたら、その先にあるものは死に至る病気かもしれません。

DHAとEPAの働きで余分な中性脂肪を体外に出す

体に溜まってしまった多すぎる中性脂肪、まずは血管から出してしまいたいものです。まずDHAは脂肪を分解する酵素リパーゼを活性化させ、脂肪を分解し燃焼しやすくする作用があります。

1日30分以上有酸素運動を行うと、さらにリパーゼが活性化するので運動とDHA両方で脂肪を分解していくと中性脂肪の値は下がりやすくなると言われています。

さらにEPAも中性脂肪に力を発揮します。EPAを摂取すると、体内の脂肪酸感受性細胞でGLP-1というホルモンが分泌されるようになります。このGLP-1は通称痩せるホルモンとも呼ばれ、腹八分目で満腹になれるよう食欲を抑えてくれる作用があるんです。食べる分量が減ればもちろん痩せやすくなりますね。

さらにGLP-1は胃の消化スピードをゆっくりさせる作用もあり、満腹感が持続して間食の予防につながる効果もあります。

消化がゆっくりになることで、血糖値が安定するのも大きなポイントです。普通は食べたものを消化すると血中の糖が増え、それをエネルギーに人間は元気に動けるようになります。しかし、消化が早すぎてグン!と血中の糖が増えてしまうと、体は「今は糖が多いから、ピンチに備えて脂肪に変えて蓄えておこう」と判断、インスリンという物質を分泌して糖を脂肪に変えはじめてしまうのです。

消化がゆっくりになれば、糖は糖のままエネルギーとして代謝されていくので、中性脂肪が増えにくくなるのです。DHAが脂肪を燃やす手助けをし、EPAが糖を脂肪に変えにくくする作用を持っているんですね。

中性脂肪が減れば悪玉コレステロールも減り、さきほど触れた動脈硬化を予防する効果も期待できます。でも、 もう動脈硬化になってしまっていたらDHA・EPAを摂取しても無駄なのでしょうか?

実はDHA・EPAには、さきほど触れた動脈硬化の原因になるプラークを減らす働きがあることがわかっているんです。DHAは血液中の赤血球や血管の細胞壁を柔らかくする性質があり、血を流れやすくすると言われています。動脈硬化でしなやかさを失い狭くなった血管でも、負担少なく血を流すことができるんですね。

硬い砂利を管に通そうとしても溜まってしまいますが、同じ形・大きさでも例えばゼリーのように柔らかければ、つるん!と管を通過できるイメージですね。さらにEPAは血小板凝集抑制作用があり、血の塊をできにくくする作用があります。血管が詰まる直接原因を減らせば、脳梗塞や心筋梗塞を未然に防げると言えますね。

動脈硬化が原因で起こる病気のリスクにDHA・EPAは対抗してくれるので、すでに動脈硬化になってしまった・なりかけている、という人にも摂取してほしい栄養素なんです。ただ動脈硬化と診断されている場合は、医師に相談の上サプリメントなどは服用して下さいね。

DHA・EPAの作用で血液が流れやすくなると、血管にかかる圧力が下がり高血圧が改善され、血液を送り出すポンプである心臓にかかる負担も軽くなり、心肥大や狭心症などのリスクを下げる効果も期待できると言われています。

DHA・EPAを摂取することで、中性脂肪だけでなく、動脈硬化・高血圧が一連の流れで改善されていくんですね。食事で摂取するのはなかなか難しいので、DHA・EPAの両方が含まれているサプリメントをまず始めて見てはどうでしょうか。

 

こちらの記事もよく読まれています

ページのトップへ