サプリマガジン
    豚プラセンタの特徴とおすすめのサプリ

豚プラセンタの特徴と口コミで人気のサプリ

豚プラセンタの特徴とおすすめのサプリのイメージ
馬プラセンタと比べて評価が低く見られることの多い豚プラセンタですが、豚プラセンタにしかないメリットもたくさんあります。ここでは、豚プラセンタの特徴や安全性、サプリを選ぶ際のポイントについてご紹介しています。

豚プラセンタが他のプラセンタと比較して安いのはなぜ?豚プラセンタの特徴と安全性まとめ

現在、国内で販売されているプラセンタ商品の9割近くが「豚プラセンタ」だと言われています。

なぜ、それほどまでに豚プラセンタが使われているのか。その理由を説明するとともに、豚プラセンタがもつ安全性や危険性についても触れていきたいと思います。

豚プラセンタとは

豚プラセンタとは豚の「胎盤」を意味します。胎盤とは、豚を含めた哺乳類が妊娠期の間だけ持つ臓器のこと。

豚の赤ちゃんはお腹のなかにいる間。胎盤から伸びるへその緒(臍帯とも言います)を通してママから酸素や栄養などを受け取って成長していくのです。

豚は1年間で2回赤ちゃんを産むのですが、赤ちゃんが産まれると胎盤もその役目を終えて外で排出されます。排出された胎盤といえど、たくさんの栄養が詰まっているため、その栄養を損なわないように加工したのが豚プラセンタとなります。

しかし、数ある哺乳類のなかで、なぜ豚の胎盤がプラセンタの原料になるのでしょうか?

豚とヒトは遺伝子が似ている

豚プラセンタの流通がここまで成長した背景には、2000年初頭に起きたBSE問題があります。ひと昔前まで、プラセンタといえばヒトプラセンタか牛プラセンタが一般的でした。

ところが2001年にBSE(牛海綿状脳症/狂牛病)が発生し、ヒトへの感染を避けるため、厚生労働省は牛由来の原料の使用を禁止。現在、国内では牛プラセンタの商品は販売されていないのです。

かといって、ヒトプラセンタは高級すぎて医療の現場でしか流通していません。そこで、牛プラセンタの代打として登場したのが豚プラセンタ。

豚は食卓に上がることの多い家畜ですが、実はヒトと非常によく似た遺伝子を持っていることでも知られています。解剖学・生理学の観点からみても、体重・内臓・皮膚などが猿以上にヒトに近いのです。

そのため、豚プラセンタは有効成分の吸収率も極めて高いプラセンタとして、もっとも流通しているわけ。サプリ販売でトップシェアを誇るDHCが取り扱っているプラセンタサプリも、原材料は豚の胎盤なんですよ。

豚プラセンタの効果(美容)

遺伝子レベルでヒトに近いことが分かった豚プラセンタですが、やはり摂取するうえで、もっとも効果を期待するのは美容効果ではないでしょうか?

新しい命を育む栄養の宝庫 プラセンタには、

  • 肌にハリ・ツヤをもたらす
  • 保水力を強化して肌を乾燥から守る
  • 肌の新陳代謝を高めて健康な肌質へ
  • 高い抗酸化作用で肌老化を遅らせる
  • 毛穴開きの改善・キメを整える

などの美容効果が期待できます。

総合的にみて、豚プラセンタに期待できる美容効果はアンチエイジング。

豚プラセンタに含まれる成分には、細胞の生まれ変わりを正常に戻して活性化させる働きがあるため、シミ・シワ・たるみはもちろんのこと、くすみ・クマなどの肌トラブルが起こりにくい丈夫で健康的な肌へと導いてくれるのです。

また、豚プラセンタには抗炎症作用もあるので、ニキビや吹き出物・傷口に関して早く修復する働きを備えているんですよ。

「最近なんだか化粧水が浸透していかない」「肌質が変わった」など、肌年齢が気になる人にとって、プラセンタは救世主のような存在と言えるでしょう。

豚プラセンタの効果(美容以外)

プラセンタにあるのは美容効果だけではありません。生活するうえで欠かせない健康面に関しても嬉しい効果をもたらしてくれます。

豚プラセンタには細胞に直接働きかける成分が含まれているため、体質を根本から改善する力があるのです。

  • 基礎代謝を高める
  • ホルモンバランスを整える
  • 疲れを感じにくくなる
  • アトピー・アレルギーの改善
  • 血行促進

これらは薬理的にも効果が認められており、これらの健康効果が同時に現れるのは、プラセンタを置いて他にはないかもしれません。

なかでも特筆すべきは、ホルモンバランスの正常化。現代医学において、40代以降の女性がなりやすい更年期障害・自律神経失調症・うつ病などの治療薬としてプラセンタが用いれるのは珍しいことではありません。

豚プラセンタの成分

豚プラセンタには以下の成分が含まれています。

アミノ酸

動物性プラセンタである豚プラセンタにはアミノ酸が含まれています。

プラセンタに含まれるアミノ酸の量が多ければ多いほど、美容効果・健康効果を実感しやすくなりますが、同じ動物性プラセンタである馬プラセンタと比較すると、豚プラセンタのアミノ酸含有率は少なめとなっています。

タンパク質

豚プラセンタに含まれるタンパク質には、細胞の成長に働きかける成長因子、消化・代謝を起こす酵素、ホルモンや神経伝達に作用する活性ペプチドなど、どれも健やかな毎日を送るために欠かせない成分ばかり。

ビタミン

核酸

細胞の生まれ変わり・成長に欠かせない成分

ムコ多糖類

細胞間を取り持って修復機能・免疫力を高める成分


さすがは赤ちゃんを育てる臓器、生命に欠かせない成分ばかりが揃っていますね。

他のプラセンタとの違い

豚プランタのことがある程度わかってくると気になってくるのは「他のプラセンタとどう違うのか?」という点ではないでしょうか?

豚プラセンタにしかないメリットなんてものは存在するのか、確認してみましょう。

生産量が安定している

豚は1匹あたり1年間で20匹の赤ちゃん豚を産みます。1年間で1頭しか産まない馬と比べると、プラセンタの原材料である胎盤は回収しやすいといます。

比較的安価である

豚プラセンタは、希少性のある馬プラセンタと比較すると大量生産ができ、しかも安価で流通しています。プラセンタドリンクやプラセンタ化粧品に使われている、そのほとんどが豚プラセンタといっても過言ではないでしょう。

長くプラセンタサプリを摂取したいと考えている人にとって、サプリの効果はもちろんですがコスパの良し悪しも商品選びの欠かせないポイントと言えるのではないでしょうか?

コスパの面だけで言えば、豚プラセンタは続けやすいプラセンタと言えるでしょう。

豚プラセンタの安全性と副作用

豚プラセンタを検討中の人のなかには、豚プラセンタが安価である=低品質なのではないか?と疑っている人もいるかもしれませんね。

続いて、豚プラセンタにおける安全性・危険性についても見ていきましょう。

豚の生育は感染リスクが高め

豚は、馬や牛のように広い牧草地で育てられるのではなく、豚舎で集団で飼育されています。寝る場所と排泄する場所は分けてはいるものの、狭い空間なので病気の感染リスクが高いというデメリットがあります。

多胎分娩なので胎盤が薄い

半年に1度に10匹近くの赤ちゃんを産みます。妊娠期間も4ヶ月ほどしかなく、妊娠期間が1年近くある馬の胎盤と比較すると、胎盤の厚みは薄め。

ワクチン・薬剤を投与されている

感染リスクが高い状態で生育されている豚は、赤ちゃん頃から病気にかからないよう抗菌剤やインフルエンザワクチンなどの薬剤を投与されることが多いです。

病原体から守るものとはいえ、投与される薬剤が多ければ胎盤にも影響する恐れがあります。

薬漬けで病気になりやすい豚のプラセンタなんて、正直飲みたいと思えませんよね。でも、豚プラセンタに使われる豚全てがこのようなリスクを持っているわけではありません。

豚プラセンタに使われる豚のなかには、SPF豚といってとってもクリーンな環境で育てられた豚もいるんですよ。

SPF豚なら衛生面・健康面でも安心

スーパーの精肉コーナーでSPA豚の豚肉を手に取ったことのある人も多いと思います。現在、国内で飼育されている豚の多くがこのSPA豚と言われいます。

SPF豚とは、Specific Pathogen Freeの頭文字をとって名付けられたもので、特定の病原体を持たない豚のこと。日本SPF豚協会が定めた徹底した防疫コントロール下で飼育されており、健康で衛生的な豚の繁殖を行なっています。

薬剤の投与も最低限・それも法律で安全が認められたもののみ。数ある豚プラセンタのなかでもトップクラスの品質です。

豚プラセンタで考えられる副作用

豚プラセンタを摂取したせいで、重大な健康被害を招いたという報告が現時点では確認されていません。

ただし、プラセンタは身体足りない部分から補おうとするので、あまりに劣悪な環境から飲み始めると、豚プラセンタを飲み始めることで今まで浮き彫りにならなかった身体の悪い部分が表面化する恐れはあります。いわゆる好転反応というもの。

また、動物性由来の商品のため、絶対アレルギーは起こらないとは言い切れませんので、もしも湿疹・かゆみなど身体の変化を感じた場合は、病院を受診してくださいね。

豚プラセンタサプリの賢い選び方

安価でありながら、美容効果・健康効果も申し分ない豚プラセンタ。より良いプラセンタ商品を選ぶためにはいくつか押さえておきたいポイントがあるのでご紹介します。

  • プラセンタの含有量
  • 余計な添加物は混ざっていないか
  • 抽出方法の記載はあるか
  • 生産国はどこか
  • SPF豚を使用しているか

プラセンタの効果を実感するためには、やはりプラセンタの含有量のチェックは欠かせません。なるべく含有量の多いものを選びましょう。不純物・水分が一切含まれていない「原末」での含有量を記載している商品ならなお良しです。

またプラセンタ以外の成分が含まれている場合は、その成分にも目を光らせておくこと。身体にとって必要のない着色料・香料などはなるべくなら摂取したくはありませんよね。

専門的に思えますが、胎盤からプラセンタを取り出す抽出行程もチェックしておきましょう。抽出の仕方によっては、プラセンタの有効成分を損なうこともあります。よく見かける酵素分解法の抽出なら安全です。

豚プラセンタを選ぶなら、高度な衛生管理をしている国産品がベスト。ただし、海外品=粗悪品というわけでもありません。

デンマーク産の豚プラセンタなら、豚がどんな飼料を食べたのか・どのような環境で育ったのかがわかるトレーサビリティ(生産地証明制度)をクリアしたものが多いです。トレーサビリティなら豚の血統まで追跡できてしまうので、安全性をしっかり確かめることができますよ。

もしも国産の豚プラセンタであっても、SPF豚であるかどうかのチェックだけは怠らないようにしましょう。商品のどこにもSPF豚使用の記載がないのならオススメすることはできません。

商品選びに迷ったら「含有量・添加物・抽出法」で比較

いかがでしたか?

豚プラセンタはプラセンタ商品の90%近くを占めています。安価=低品質と勘違いされることも多いですが、しっかりと選べば質の良い豚プラセンタと巡り会えます。

豚プラセンタはプラセンタドリンクやプラセンタ化粧品が主流となっていますが、一部プラセンタサプリも取り扱っています。

商品選びに迷ったら「含有量・添加物・抽出法」で比較してみてくださいね。国産品なら必ずSPF豚の商品一択ですよ。

fracora(フラコラ)WHITE’stプラセンタつぶ

フラコラのイメージ

プラセンタサプリをまずはちょっとだけ試したい人にオススメ

フラコラ WHITE’st プラセンタつぶは、リーズナブルな豚プラセンタのサプリです。栄養価の点で馬に少し及ばない豚プラセンタですが、その分を他の美容成分でしっかり補っているんですね。

アミノ酸が足りない分ははとむぎで補い、ビタミンEやβカロチンなど、細胞を酸化による老化から守る抗酸化成分でエイジングケアの力も高めたサプリなんです。

はとむぎにはむくみを取る作用もあるので、足の太さが気になっている人にもオススメのサプリですね。

また、錠剤が飲みやすいよう美容に良いココナッツオイルでコーティングされているので、錠剤を飲むのが苦手な人でもつるんと飲めるのが良いんです。

今なら半月分が980円という激安価格で試せるので、あまりお金はかけたくなかったり、プラセンタって本当に効くの?とまだ疑問に思っている人はこのチャンスに飲んでみてはどうでしょう。

fracora(フラコラ)WHITE’stプラセンタつぶのポイント3つ
  • リーズナブルで試しやすい豚プラセンタのサプリ
  • ビタミンEやβカロチンなどエイジングケア成分も配合
  • はとむぎ配合なので足がむくんで太くなりがちな人に
初回価格 980円/15日分 定期購入割引 あり
送料 無料 返金保証 なし
主な成分 豚プラセンタエキス・ココナッツ油・ビタミンE・ハトムギエキス・βカロチンなど

豚プラセンタでいま最も人気のサプリは【FUWARI】フワリ

フワリのイメージ

FUWARIの一番の魅力はそのコスパです。価格が1,000円を切っているプラセンタサプリはかなり珍しいので、安さ重視の人には1番オススメなんですね。

豚プラセンタのほか、ヒアルロン酸やセラミドなど5つの美容成分配合なので、20〜30代の肌荒れや乾燥肌対策、はじめてのエイジングケアにピッタリです。

ちょっとプラセンタを試してみたい、お金はあまり無いけどプラセンタを飲みたい、という人にもFUWARIはオススメですね。

コラーゲン粉末や、スキンケアの本がオマケについてくるのもちょっと嬉しいポイントです。

ただ、馬と豚の飼育環境や美容成分の差を考えると、やっぱり上質な馬プラセンタにかなわない部分があります。エイジングケア上級者には、Tp200nextやエイジングリペアなど他のサプリをオススメします。

FUWARIの3つのポイント
  • コスパで決めるなら1番オススメのプラセンタサプリ
  • 乾燥肌対策やはじめてのエイジングケアにピッタリ
  • エイジングケア上級者には成分が物足りないかも?
初回価格 980円/1ヶ月分 定期購入割引 あり
送料 無料 返金保証 90日間
主な成分 豚プラセンタエキス末・エラスチン・ビタミンE・ヒアルロン酸・アスタキサンチン・セラミドなど
 
ページのトップへ