更年期の女性におすすめのエクオールってどんな成分?

エクオールってどんな成分?更年期に摂ったほうが良い理由

更年期の女性におすすめのエクオールってどんな成分?のイメージ
更年期の体調不良やイライラ、シワやたるみ、中年太り…女性ならではの辛い悩みの原因は、女性ホルモンの減少にあります。そんな症状を和らげるのが、ホルモンを補う大豆由来の天然成分エクオールなんですね。その作用や特徴を紹介します。

更年期に摂るべきと言われるエクオールの効果と副作用の有無、おすすめの摂り方まとめ

更年期のイライラや痛みを伴う体調不良、シワやたるみなど、大人の女性の悩みは人にも相談しにくく深刻ですよね。その原因が、年齢による女性ホルモンの減少なのはご存知ですか?

実は、その女性ホルモンを補って、体調不良やお肌の衰えにブレーキをかけてくれるのが、大豆由来天然成分のエクオールなんです。

大豆は女性の健康や美容に良い事で有名な食材ですが、エクオールはその大豆の健康成分の良いところを取り出した、いわば大豆の健康成分のスーパーエリートなんですね。

ここでは、エクオールの特徴や摂取の方法、具体的な作用をわかりやすく紹介したいと思います。

エクオールは大豆由来の天然健康成分

大豆に含まれる健康成分としては、イソフラボンが1番有名ですよね。

こちらも女性ホルモンを補う作用があり、つらい更年期の体調を整えたり、お肌のコラーゲンが失われるのを防いでシワやたるみを防ぐと言われています。

このイソフラボンを分解して生まれる、もっと強力な成分がエクオールなんですね。

大豆イソフラボンを分解してエクオールが作られる

大豆イソフラボンはゲニステイン、グリシテイン、ダイゼインという3つのタイプに分けられます。この中でも、ダイゼイン型のイソフラボンが腸内細菌に分解されて生まれるのがエクオールなんですね。

エクオールはイソフラボンよりも女性ホルモンを補う力が強く、更年期の不調改善やお肌のエイジングケア作用もさらに強い成分です。まさに、大豆の良いところを分解して集めた夢の成分ですね。

エクオールを摂取する3つのメリット

  • 女性ホルモンを補い更年期障害を緩和する
  • シワやたるみを防ぐエイジングケア作用
  • 肥満や骨粗鬆症、健康診断対策にも有効

エクオールは最初でも触れたとおり、女性ホルモンを補う作用を持っています。なので、女性ホルモンが減ると起きる更年期障害や、シワ、たるみの予防や軽減に良いんですね。

国の機関である農研機構が行った実験によれば、閉経した女性にエクオールのサプリメントを飲んでもらったところ、ホットフラッシュの頻度減少やコレステロール値低下などの効果も見られた成分でもあります。

ほかにも、女性ホルモンはカルシウムの吸収を促すので、骨粗鬆症の予防にも有効というデータもあります。高齢になった時の骨折を防げるのは安心ですね。

また、エクオールは脂質の代謝も促す事がわかっていて、ダイエットや中性脂肪対策、コレステロール値の安定にも有効な成分とされています。

コレステロール対策ができるという事は、動脈硬化の予防など血管の健康維持にも良いという事です。つまり、心筋梗塞や脳梗塞などのリスクも下げてくれるんですね。

このように、美容から健康まで、大人の女性の悩みを広く強力にカバーするのがエクオールなんです。

参考:能研機構 腸内菌叢による機能成分の代謝変換に関する解析

エクオールが豊富なオススメ食材は?

エクオールを摂取するには、大豆のイソフラボンを摂取する必要があります。お豆腐や豆乳も良いですし、醤油や味噌はより多くのダイゼイン型イソフラボンを含むので、お味噌汁などもオススメですね。

また、腸内細菌の状態が良ければエクオールを作り出す力が高まります。食物繊維やオリゴ糖、乳酸菌を含むヨーグルトなども一緒に食べると腸内環境が整い、もっとたくさんエクオールが作れますよ。

1番確実にエクオールを摂取できるのはサプリメント

しかし、毎日大豆製品を食べるのも大変ですし、実はエクオールを腸で作り出せる人とそうでない人がいます。詳しくは次で説明しますが、これは体質の問題なのでどうにもできないんですね。

なので、エクオールを摂取するなら、人工的にイソフラボンを分解してエクオールを作り出したサプリメントが1番確実でオススメなんです。

腸でエクオールを作り出せるのは日本人の半分だけ!

さきほど触れたとおり、イソフラボンを摂取してもエクオールに分解できる人とできない人がいます。エクオールを作れる人は日本で50%程度、欧米だと20〜30%しかおらず、世界的に見ても少数派なんですね。

エクオールを作り出すのは特定の種類の腸内細菌という事がわかっており、その菌を持っている人でないとエクオールを生み出す事はできないんです。

自分がエクオールを作れる体質か検査ができる

自分がエクオールを作り出せる体質なのか、気になる人もいますよね。そんな時に便利なのが、ネットで手に入るエクオール検査キットです。

エクオールが作れているかは尿検査でわかりますので、検査キットの指定容器に尿を採って郵送れば検査してもらう事ができるんですね。

中でも有名なエクオール検査キットが、ヘルスケアシステムズが提供しているソイチェックですね。値段も4,104円と手頃ですので、気になったら1度チェックしても良いでしょう。

今のところエクオールを作れる体質に変わる事はできない

しかし、検査して「あなたはエクオールを作れない体質です。」と言われたらどうしたら良いのでしょう。

人間の腸はその人ごとに決まった菌しか住む事ができませんし、エクオールを生み出す腸内細菌や環境について、全てがわかっているわけではありません。

なので、今のところエクオールを生み出す体質に変身する事はできないんですね。

ただ、検査キットを運用するヘルスケアシステムのアンケートによれば、大豆をよく食べる人ほどエクオールを作り出せているというデータもあるので、諦めず大豆を食べるのも有効かも知れません。

エクオールサプリを飲むのがまずは1番、その次に大豆製品を欠かさず食べる事がエクオール不足を解消する方法なんですね。

エクオールを摂取するならサプリメントが1番

まとめると、エクオールは更年期障害の緩和やお肌のエイジングケア、健康の維持にも役立つ、大豆の良いところを選りすぐったスーパー健康成分という事ですね。

ただし、大豆からエクオールを作り出せる人は2人に1人なので、成分をダイレクトに摂取できるエクオールサプリを飲むのが1番楽で確実な方法と言えます。

ちなみに、体調やお肌に変化が現れてくるのは、エクオールサプリを飲み続けて3ヶ月程度が目安です。すぐに諦めず、ちょっと我慢して続けてみるのがコツですね。

最近では、エクオールサプリも更年期サプリと呼ばれるほどメジャーになって、手軽に買えるようになりました。気になる人はぜひ、試してみて下さいね。

 
ページのトップへ