乳酸菌が生きて腸まで届くメリットとは?

乳酸菌が生きたまま腸まで届くメリットとは?

乳酸菌が生きて腸まで届くメリットとは?のイメージ
良くCMなどで「乳酸菌が生きたまま腸に届く」というのをウリにしている商品を見かけますが、そのメリットはどんな点なのでしょうか?そもそも、ほかの商品は乳酸菌が死んでしまうのでしょうか?そのモヤっとした疑問にお答えします。

乳酸菌が生きたまま腸に届くことにこだわった商品が多いのはなぜ?

TVのCMなどで「生きて腸に届く乳酸菌!」というコピーをよく目にしますが、菌が生きて腸に届くとはどういうことなのでしょう?少し考えると「乳酸菌が死んでしまったら効果無くなるんじゃない?」と思われるかも知れませんが、それも正しいのでしょうか?

生きて届くということは、実は大きなメリットや意味を持っているんです。また、たとえ死んでしまっても乳酸菌の効果は終わりではないのです。

死んだ乳酸菌でも効果はある

乳酸菌は種類にもよりますが、とてもデリケートな細菌です。消化するときの熱や胃酸で、何もしなければかなりの数が死んでしまうのです。死んでしまった菌のことを死菌や殺菌乳酸菌といいます。

乳酸菌の死菌を摂取することは、実はいろんなメリットがあるんです。

  • 腸にもともといる善玉菌の餌になって腸内環境を良くする
  • 免疫活性化力は生きた乳酸菌より強い

死菌はもともと腸にいる乳酸菌の餌になり、善玉菌を増やし腸内環境を改善し、健康によい効果を発揮してくれます。生きた菌ほどではないですが、死んでしまっても善玉菌を増やす効果は無くならないのです。腸内環境が改善されて起こるくわしい効果は後ほど触れます。

特に食品から乳酸菌をとる場合は、多くの乳酸菌が腸に届くまでに死菌になりますが結果的に腸内環境は整うんですね。

しかし死菌のほうが優れている部分もあります。ハウス食品グループのハウスウェルネスフーズ株式会社の研究によれば、細菌への感染を防ぐ免疫活性化力は生きた乳酸菌より、加工した死菌(殺菌乳酸菌)のほうが高いといわれているんです。

またコンビ株式会社と富山大学との共同研究でも、殺菌乳酸菌のインフルエンザへの効果が確認されました。菌の種類によっても違いますが、加工した殺菌乳酸菌は腸内の細菌のバランスを整え、免疫活性化力を高めて病気に感染しにくくしてくれるんです。死菌にも独自のメリットがあるんですね。

乳酸菌が生きて腸まで届くことのメリット

死菌でも効果があるなら、CMの「腸に生きて届く乳酸菌!」はあまり意味のないことなんでしょうか?そんなことはありません。生きている乳酸菌は善玉菌そのものとして腸で活躍するという効果があるからです。

乳酸菌が生きて腸まで届き、腸内環境を整える効果をプロバイオティクスといい、厚生労働省も情報提供サイトでこの事に言及しています。そして便秘などに効果がある整腸剤も、生きた乳酸菌を固めて腸まで届けることで腸内環境を整えるものです。生きた乳酸菌のパワーは国も医学の世界でも認められたものなんですね。

乳酸菌が生きて腸に届くメリットは、死んだ菌よりも大きなものになります。

  • 悪玉菌を抑制して善玉菌が増えるのを助ける
  • 便秘の改善
  • アレルギーの緩和
  • 花粉症の予防・改善
  • アトピー性皮膚炎の改善
  • コレステロールを下げる
  • 高血圧改善など

生きた乳酸菌は悪玉菌の働きを抑制するため、摂取し続けるともともと腸にいた善玉菌が増える手助けをします。死菌は餌になって腸にいる善玉菌を助けますが、生きて腸まで届くと乳酸菌そのものが悪玉菌と戦ってくれるメリットがあるんです。

生きた乳酸菌の奮闘で善玉菌優位の腸内環境ができあがると、便秘・アレルギー・アトピー・花粉症の改善、コレステロール値や血圧を下げるなど健康に良い効果が期待できるんです。

さきほど触れたように、死菌を食べてもともと腸にいた乳酸菌が増えて、上記と同じような健康にいい効果が実感できる場合もありますが、生きた乳酸菌が腸に届いて、善玉菌優位の腸内環境を作るほうが効果が高いと言われています。

善玉菌が増えると言われると、届いた乳酸菌そのものが増えて腸の細菌バランスをとるようなイメージを持たれるかもしれませんが、取り入れた乳酸菌は定着せずほとんど便になって出て行ってしまうのが現実です。悪玉菌を抑制したり、その菌独自の健康効果を発揮するだけで、実際に増えているのはもともと腸にいる乳酸菌なんですね。

できれば新しい善玉菌にも腸に定着してもらいたいのですが、出て行ってしまう乳酸菌と腸にもともと住んでいる乳酸菌には違いがあるんです。

もともと腸に住みついている善玉菌たちは免疫寛容という「ここに住んでもいいよ!」という体から市民権を得た菌たちです。免疫寛容で認められない菌は、便になって外に出されてしまうのです。

これは人間の体が腸内の菌のバランスをとるための機能で、腸内の菌すべてが善玉菌になってしまわないようにする働きだと言われています。悪玉菌もある程度は必要ということですね。

もともといた善玉菌が優位を保ち続けたり、その乳酸菌独自の健康効果を得たい時は、出て行った分だけどんどん新しい乳酸菌を腸に届ける必要があります。毎日乳酸菌を摂取するため、サプリメントや整腸剤、ヨーグルトなどは是非習慣にしたいですね。

生きて腸まで乳酸菌を届けることは、もともと住んでる乳酸菌に心強い応援を送り込むようなものなんですね。死んだ菌は食事を差し入れるようなもので、生きてるものほどでなくても効果があるんですね。

乳酸菌が腸に生きて届くことは、より健康に大きなメリットとなるんです。

 
ページのトップへ