乳酸菌でインフルエンザの予防ができる?

乳酸菌はインフルエンザの予防に効果的って本当?

乳酸菌でインフルエンザの予防ができる?のイメージ
インフルエンザが流行しはじめると、自分や家族が感染しない様に様々な防衛手段を取ると思います。そんな中で、インフルエンザの予防に乳酸菌が良いという話題が度々クローズアップされる様になりました。本当に乳酸菌には予防効果が期待出来るのでしょうか?

インフルエンザの予防に乳酸菌が効果を発揮すると言われるのはなぜ?

腸内の善玉菌の環境を整え、便秘に効果的な成分として有名な乳酸菌ですが、乳酸菌が身体にもたらす効果はそれだけではありません。

空気が乾燥する冬、最も気をつけたいのがインフルエンザですが、インフルエンザワクチンを接種したとしても100%インフルエンザを防御してくれる訳ではないことを知っていますか?

もちろんワクチンの接種は子供やお年寄りなどインフルエンザにかかった場合の危険が高い方々には必須なものですが、ワクチンを打ったからと安心してうがい手洗いなどの風邪予防を怠っていればインフルエンザに感染する確率がわずかながら上がってしまいます。

また、インフルエンザは変異しやすい存在のため、現在発見されているウイルスの形に合わせて作られているワクチンでは適合しない可能性も出てきます。インフルエンザにはかからない生活を送りたいものです。

そこで注目されているのが「乳酸菌」の力。免疫力を高める効果があり、インフルエンザの予防にいいと言われている乳酸菌ですが、一体乳酸菌のどのような働きがインフルエンザに効果的なのでしょうか?

インフルエンザ予防に乳酸菌が活躍する秘密

人間の免疫細胞には、ウイルス・最近の侵入を防御する「NK細胞」と「T細胞」、抗体を作って病原体を攻撃する「B細胞」があります。

これらの免疫細胞は「プラズマサイトイド樹状細胞」という別の免疫細胞から指令を受けて身体を守っています。このNK細胞や、プラズマサイトイド樹状細胞を活性化させる働きを乳酸菌が持っているとされています。

1073R-1乳酸菌やラブレ菌、FK-23乳酸菌は、NK細胞の働きを高め、感染してしまった後も自己治癒力を高めることが確認されています。

プラズマサイトイド樹状細胞を活性化させる働きを持った乳酸菌はプラズマ乳酸菌と呼ばれ、実際に飲用してみての実験では風邪やインフルエンザの発症が低減したデータがあります。

血液検査では、体内に入り込んだウイルスの増殖を抑制する力も高まっていました。こういった乳酸菌には、体内にウイルスが侵入した時に免疫系が即座に対応できる環境を作りウイルスが増殖しないよう、細胞の防御力もアップする働きがあるとされています。

乳酸菌の効果的な接種方法

乳酸菌には様々な種類があり、種類によって身体にもたらす働きは少しずつ違っています。現在インフルエンザに効果的だというデータが確認されているのは、1073R-1乳酸菌、ラブレ菌、FK-23乳酸菌、プラズマ乳酸菌、L-92乳酸菌です。

L-92乳酸菌飲料はカルピス社が独自で開発した乳酸菌で、ウイルスに対する免疫力アップの他にもアトピーや花粉症などに効果があるとされています。

全ての乳酸菌がインフルエンザの予防に直接効果的ではないのですが、腸内の環境は全身の代謝に関わりますので、健康を維持するために乳酸菌を摂るのは大切な事です。

また、インフルエンザウイルスは乾燥によって感染力がアップします。

普段は粘膜がウイルスの侵入を阻止してくれていますが、体内の水分量が足りなくなると粘膜の働きが悪くなりウイルスが侵入する危険性を高めてしまいます。そこでオススメなのが「乳酸菌飲料」。小さい容器に入ったものが有名ですが、普通のペットボトル飲料として発売されているものもオススメです。

プラズマ乳酸菌を配合した乳酸飲料、1073R-1乳酸菌を配合したドリンクヨーグルト、FK-23が配合された乳酸飲料、ラブレ菌配合飲料、L-92乳酸菌が配合された乳酸菌飲料などが市販されています。

このような水分と乳酸菌を一緒に摂れる商品を定期的に飲むようにするのも、インフルエンザ予防に効果的です。

みなさんも毎日乳酸菌を摂るように心がけて、インフルエンザに掛かりにくい様に予防してください。

 
ページのトップへ