青汁を飲む最適なタイミング

青汁を飲むタイミングと効果的な時間帯を検証

青汁を買ったはいいけど、一体いつ飲んだら良いの?そんな疑問ってありますよね。実は、健康や美容の目的によって、飲むベストタイミングは違うんです。ダイエットなら食前、美肌は寝る前など、いつ青汁を飲んだら良いのか目的別にまとめました。

青汁っていつ飲めばいいの?目的別の最適なタイミング教えます

青汁を買ったから早速飲もう!そう思ってパッケージを見ると「1日1〜2杯を目安にお召し上がり下さい」としか書かれていなかった、なんて事がありますよね。

一体、いつのタイミングで青汁を飲んだら良いの?という疑問は、パッケージを見ただけでは解消されない場合がほとんどです。

たしかに、青汁はいつ飲んでも良い飲み物ですが、ダイエットや美肌、野菜不足対策など目的別に最適なタイミングがあるんですね。

知っているともっとパワーを感じられる、そんな青汁を飲むベストタイミングについて紹介しますね。

青汁を飲むベストタイミングは目的によって違う

まず、自分が何のために青汁を飲みたいのか、その目的を整理してみしましょう。

ダイエットや美肌、健康診断の結果を良くしたい場合もありますよね。そんな目的別に、青汁を飲むベストタイミングを紹介します。

目的別の青汁を飲むベストタイミング

健康や美容の悩み・目的青汁を飲むタイミングなどそのタイミングで飲みたい理由
美肌になりたい寝る前に飲むビタミンが体に留まるからじっくり吸収される
不眠やイライラを解消したい夕食前の空腹な時に飲む
ジュース割りがオススメ
リラックス成分が働きやすくなる
便秘を解消したい朝一番多めの水と飲む
寝る直前でも良い
ヨーグルト割りもオススメ
腸の動きを促し朝の排便を楽にする
ダイエットしたい
中性脂肪対策したい
コレステロール値が高め
血糖値が気になる
食事を食べる前に飲む満腹感が得られるので食べ過ぎない
糖質や脂質の吸収を抑制してくれる
血糖値の上昇を抑えるので脂肪が増えにくい
野菜不足を補いたい1杯だけなら朝一番が最適
2杯飲むなら朝と寝る前
朝は栄養吸収しやすい状態なため
夜もビタミンの吸収が良くオススメ
エイジングケアしたい
血管年齢を若く保ちたい
少しずつ飲む抗酸化作用を生かすにはこまめな摂取が良い

飲むタイミングは目的別に決めると良いんですね。ほかにも、ジュースやヨーグルトで割るともっと効果的な場合もあります。

では、それぞれの青汁を飲むタイミングについて、もっと詳しく説明したいと思います。

美肌を目指すなら寝る前の青汁がベスト

青汁に含まれるビタミンB群やビタミンCなどは、肌荒れやニキビ対策、お肌のハリなどに作用する美肌成分です。ただ、ビタミン類は尿になって体外に排出されがちな成分でもあるんですね。

そこで、飲むタイミングが重要になります。眠っている時は何時間もトイレに行きませんので、寝る前に青汁を飲んでおけばビタミンが長く体にとどまり、じっくり吸収されるんですね。

また、ビタミンCを消費する肌の生まれ変わりも夜に起こります。人体のリズムから見ても、寝る前の青汁は美肌に良いんですね。

不眠やイライラには空腹時の青汁ジュース割りが有効

青汁には、トリプトファンやメラトニンというイライラを鎮める成分が含まれますが、このトリプトファンは空腹時に摂取するのが良い栄養素です。

胃に食べ物があると、そのアミノ酸がトリプトファンの働きを邪魔してしまうんですね。なので、不眠やイライラが辛い人は、晩御飯直前のお腹ペコペコ状態で青汁を飲むのが良いんです。

また、トリプトファンは、糖がスイッチになって分泌されるインスリンに運ばれる性質もあるので、イライラ対策には青汁を糖分豊富なジュースで割るのがオススメですよ。

便秘解消には朝一番か寝る前の青汁が効果的

眠っている間は腸も休んでいる状態なため、朝起きた時に溜まった便を出すのが腸の正しいリズムです。そのリズムに合わせて朝一番に青汁を飲むと、食物繊維や水分がその働きを後押しするんですね。

便通をより良くしたければ、粉末の青汁を多めの水で割るのがオススメです。あまり水や青汁を冷たくしすぎないのも便秘を防ぐポイントですね。

寝る直前に飲んでも便秘解消効果が高いので、両方試して良かったほうを続けてみましょう。

また、青汁をヨーグルトで割って飲むのも有効です。乳酸菌は腸内環境を整えてくれるので、便秘解消にとっても良いんですね。

ダイエットしたい時は食前に青汁を飲もう

ダイエットのために青汁を食前に飲むメリットは3つあって、ひとつは満腹感が得られる事です。ご飯を食べすぎない事はダイエットの基本ですし、摂取カロリーを減らす事に繋がるんですね。

そして次が、糖や脂質の吸収を青汁の食物繊維が抑えるという点です。脂っこいものや甘いもののを食べる前に、青汁はオススメの飲み物なんですね。

青汁の血糖値を抑える作用はダイエットにも良い

最後に大事なのが、血糖値の上昇を青汁が抑えてくれるという事です。食物繊維が持つ糖の吸収を抑える作用が血糖値の上昇も抑えてくれるんですね。

人間は食べ物が少ない状況でも生き抜けるよう、栄養を吸収しやすい飢餓モードに体を切り替える事があります。それがお腹ペコペコの低血糖状態の事なんですね。

なので、お腹ペコペコ状態で甘いものやハイカロリーな食事を食べると、体は「今のうちにたくさん栄養を吸収しよう!」と判断して、必要以上に脂肪をつけてしまうんです。

これを防ぐのが食前の青汁で、食後の血糖値上昇をゆっくりにする事により、同じカロリーや食事内容でも太りにくくしてくれるんですね。

中性脂肪やコレステロール対策でも青汁は食前に飲む

中性脂肪やコレステロールの値が健康診断で引っかかり、お医者さんに叱られた人もいますよね。基本的に、血中の中性脂肪対策もダイエットと同じです。つまり、食前に青汁を飲むのがベストなんですね。

悪玉コレステロールは中性脂肪が増える事で数値が上昇するため、中性脂肪が減れば自然と数値が落ち着く場合がほとんどです。まずは、食前の青汁で健康診断対策をスタートさせてみて下さいね。

野菜不足を補うには朝に青汁を飲むのがベスト

野菜の味が苦手だったり、料理する暇がなくて野菜不足になりがちな人もいますよね。そんな人が栄養補給をしたいなら、朝一番の青汁がオススメです。

眠っている間は食べ物を当然食べませんので、朝起きたばかりの体は栄養を吸収したがっている状態です。そこに青汁を与えてあげれば、喜んで栄養をたくさん吸収してくれますよ。

ビタミンの吸収は睡眠中が有効なので、もう1杯飲むなら夜寝る前も良いですね。1杯だけなら朝、2杯飲むなら朝と寝る前に青汁を飲むのがオススメです。

エイジングケアには青汁をこまめに摂取する事が大事

人間が老化する原因のひとつに、細胞が酸化する事があります。この酸化ダメージを代わりに引き受けてくれるのが抗酸化成分なんですね。

青汁はこの抗酸化成分のポリフェノール類などが豊富なので、エイジングケアにもピッタリなんです。

こまめに飲むと抗酸化作用が長持ちする

ただ、この抗酸化成分は、酸化ダメージを引き受けると効果が無くなる性質があります。つまり、こまめに補給しなくてはいけません。

なので、老化から肌や健康を守りたい人は、青汁を少しずつ飲むのがオススメです。まとめて一気に飲むとすぐ抗酸化作用が消えてしまいますが、コーヒーや紅茶のように少しずつ飲めば作用が続くんですね。

この時に、チョコレートやナッツなど、抗酸化成分の多いおやつを一緒に食べるのもオススメです。これもひと口ずつこまめに食べると良いですね。

目的に合わせて飲み方を変えてみよう

同じ青汁でも、飲むタイミング次第で栄養の吸収が違ってくるんですね。ぜひ、健康や美容の目的によって飲むタイミングや飲み方を工夫してみましょう。

また、ジュースやヨーグルトなど、青汁を割る飲み物も工夫するともっと良いですね。味の好みもありますので、いろんな組み合わせを研究しても楽しいかもしれませんよ。

せっかく青汁を飲むなら、美容や健康の作用を最大限に引き出したいですね。

 
ページのトップへ