サプリマガジン
    葉酸サプリに副作用の心配は無い?

葉酸サプリに副作用の心配は無いの?

葉酸サプリに副作用の心配は無い?のイメージ
妊活に最適なサプリメントとして注目を集めている葉酸サプリですが、やはり気になるのは副作用。摂取したいけれど、もし健康に影響が出たらどうしよう...と、不安に思う方もいるはず。ここでは葉酸サプリ摂取の安全を検証していきます。

葉酸サプリの安全性は?副作用の心配はある?

妊婦さんや、赤ちゃんを授かりたいと思っているご夫婦に、いま特に注目を集めている「葉酸」。

ただ、この葉酸サプリに対して「本当に飲んで安全なの?」と不安に思っている方もいるのではないでしょうか。

では、葉酸サプリの安全性は実際の所どうなのでしょう?あなたの疑問に対してここでは詳しく検証をしていきますよ(^-^)/

副作用などの心配は?お腹の赤ちゃんに本当に影響がないの?

これから妊活を予定している女性に推奨されている葉酸の摂取量は一日400μgですが、毎日毎日葉酸が含まれた食材を大量に食べるのは実際のところはつらいもの。だからこそ活用したいのが「葉酸サプリ」ですよね。

食材から摂る葉酸は安心できるけど、サプリメントとして作られた葉酸を飲んでも副作用などの心配はないか?お腹の赤ちゃんに本当に影響がないか?というのは気になって当然のポイントです。

葉酸サプリの安全性を徹底チェック!

葉酸サプリの副作用を引き起こす原因として気をつけたいのが、

過剰摂取食品添加物

今回は特にその2点に絞って、副作用との関連性を解説していきます!

過剰摂取の危険性

葉酸は一日の摂取量に上限の目安がある栄養素です。葉酸の摂取限度は1000μgを基準としています。ただ、摂取限度が1,000μgであっても一日の推奨摂取量は400μgですので、それを上限として摂取する様にしましょう。

通常の食事から摂る葉酸は、たくさん食べても過剰摂取になるということは滅多にありません。しかし、葉酸サプリは効率よく葉酸を吸収できるように作られたものですので、1日2錠などの用法容量を超えてしまうとすぐに過剰摂取になってしまう傾向があります。

葉酸の過剰摂取は様々な副作用をもたらす可能性が有ります。それは例えばこのようなもの。

葉酸の過剰摂取による副作用例

  • 消化器不良
  • 食欲不振
  • 嘔吐
  • むくみ
  • かゆみ
  • アレルギー症状
  • 不眠

もしも、このような症状を複数項継続的に感じているようであれば、葉酸の過剰摂取の可能性を視野に入れても良いかもしれません。

また、表中の項目「アレルギー症状」の代表的な症状として蕁麻疹があります。

腕や足、顔が痒くなって赤く腫れたりした場合は、放置せずにすぐにお医者さんにかかるようにしましょう。

食品添加物の危険性

次に気をつけたいのが「食品添加物」です。葉酸サプリによっては、葉酸の他に添加物が配合されている場合があります。その添加物の種類も葉酸サプリによって様々ですので、事前によくチェックすることをオススメします。

添加物の代表と言えば合成甘味料ですが、特に気をつけたい合成甘味料に「ショ糖脂肪酸エステル」「アセスルファムK(アセスルファムカリウム)」があります。

どちらも胎児の染色体異常の原因となる可能性があるとされているものですので、できる限りこれらの合成甘味料が含まれていない葉酸サプリを選ぶのが最良と言えます。

また、合成甘味料の他にも添加物は色々種類がありますが、「香料」「着色料」の含まれているものはできれば避けた方が無難です。

添加物注意リスト

表はスライドしてご覧いただけます
ショ糖脂肪酸エステル 注意指数 ★★★
アセスルファムK 注意指数 ★★★
各種 香料 注意指数
各種 着色料 注意指数

葉酸サプリを選ぶならどの点に注意したらいい?

つまり、、、葉酸サプリと聞くと合成天然か、に焦点が行きがちですが、合成か天然よりも添加物の有無の方が重要性が高い、ということなんです。

※合成葉酸と天然葉酸の違いが気になる方は葉酸の合成栄養素と天然栄養素も一緒にご覧ください!

葉酸サプリを選ぶ際には過剰摂取食品添加物の2点に注意して、副作用の心配のない安全・安心な葉酸サプリを選んでください。

 
ページのトップへ