サプリマガジン
    葉酸サプリに含まれる添加物の安全性

葉酸サプリに含まれる添加物って安全なの?

葉酸サプリに含まれる添加物の安全性のイメージ
葉酸サプリに含まれている添加物って、本当に安全なのでしょうか?そもそも、無添加の葉酸サプリは無いのでしょうか?添加物と聞くと、どうしても良く無いものと考えてしまいがちですよね?そこで今回は、添加物の安全性と必要性についてまとめてみました。

葉酸サプリに含まれる添加物って本当に安全なの?無添加の葉酸サプリは無いの?

自分だけじゃなく、赤ちゃんのためにも安心安全な葉酸サプリメントを飲みたい・・・。それはママみんなの願いであり、愛ですよね。

安心安全を求めるとき、やっぱり気になるのは添加物です。イメージ的に添加物はすごく悪いもの!何か化学的な毒!という印象が強く広がっています。

でも、添加物にもトウモロコシからとった水飴やたんぱく質、ブドウ糖で栄養素を固めるもの、植物の細胞壁や繊維からとる成分など「えぇ?そんなものが添加物って呼ばれてるの?」というものもけっこうあるんです。

しかし、もちろん中には注意すべき添加物もあります。そして添加物を「ハッキリ書かない・よくわからないように書く」場合もあるんです。そして無添加、という表示にもある隠されたルールがあります。本当に安全なものを選びたいなら知っておいたほうがいいですね。

自分や赤ちゃんを守るため、添加物と賢く付き合うママになりましょう!まずは添加物レッスン開始です。

添加物ってそもそも何でしょう?

「添加物って何?小さい子でもわかるように説明して!」と言われると「うっ!?それは、ほら・・なにか腐らなかったり、体に悪いもの・・・?」となってしまいますよね。それくらい添加物のイメージはふわっとしたものなのが普通だと思います。

厚生労働省は「保存料、甘味料、着色料、香料など、食品の製造過程または食品の加工・保存の目的で使用されるもの」と定義しています。つまり「おいしさ、香り、見た目をよく見せる・腐らせない・形を整えるため入れるものなど」はみんな食品添加物なんですね。実は化学合成されたものか、自然のものかは関係ないんです。

そして食品添加物は厚生労働省がいろんな区分に分けて管理しています。

食品添加物の区分

  • 指定添加物・・・食品衛生法第10条により定められた使っても大丈夫な添加物
  • 既存添加物・・・長く食べられている歴史があり、安全と推測される添加物
  • 天然香料・・・動植物からとれる香料(バニラやカニ香料など)
  • 一般飲食物添加物・・・普通に食べるものを添加物として入れる場合(寒天や果汁など)

なんと、あの寒天やバニラですら用途によっては添加物表示になる場合があるんですね。この添加物たちは食品衛生法21条に基づいて作られた食品添加物公定書という、いわば「日本の添加物ルールブック」にまとめられています。

食品添加物公定書には添加物とその成分、製造の基準、品質を確保する方法が載っています。研究や技術の進歩に合わせて5年ごとに見直しが行われているんですよ。当然、食べたら毒!というレベルの危ない成分は国が添加物として認めない、という大前提があるんですね。

無添加の葉酸サプリメントを選ぶべき?

ここまで添加物とはなに?というお話でしたが、そうすると「無添加のサプリメント」とは一体なんだろう?という疑問が湧きますよね。

実は厚生労働省として「無添加とはこういうものです。こういう場合しか表示してはいけませんよ。」ということは定めていません。それぞれのメーカーの基準で無添加を掲げているのが現状です。

無添加と呼ばれている商品

  • 合成の添加物は使用していません
  • 香料・着色料は使っていません
  • 食品添加物公定書に載るような添加物は一切使いません
  • 防腐剤は使っていません
  • 健康に害があるという説がある添加物は使っていません
  • 界面活性剤は使っていません・など

じつはこれ、ひとつでも当てはまればみんな「無添加」なんです!もちろん、無添加はひとつ毒性が疑われていたり、アレルギーが出やすい成分に配慮している商品を探す基準にはなりますが、絶対安全なものでもなく、高品質である保証もないんですね。

それなら、添加物を自分がよく勉強して「うん、これなら大丈夫ね!」という商品を見分けられるようになるほうが、ずっと自分と我が子の安全を守れるのです。

添加物が安全だと言い切れない理由

「では無添加でなくても、添加物が入っていても大丈夫なのね?」といえば、完全に「添加物すべてが安全」とは言い切れません。

世界では今もたくさんの研究者や団体が添加物の研究を行っています。その中で「もしかしてこれは危険かもしれませんよ?」というデータが発表される場合があるのです。

発表されても、それが本当なのか?国としてそのデータを認めて食品添加物公定書を改訂するほどの大きな危険か?話し合う課題と時間は膨大です。つまりすぐには反映されません。なので「これは害があるかもしれない」という情報をリアルタイムで、自らキャッチして学ぶ必要があります。

でも化学の世界は専門的で難しいものですし、「この添加物があぶないかもよ?」と言われても、何に配合されているのか調べるのも一苦労です。そこで、葉酸サプリを探しているひと向けに編集部がサプリメント添加物調査を行いました。

どんな添加物に注意が必要なのか、どのサプリメントの安全性が高いのか?徹底分析してみましょう。

これで安心!葉酸サプリメント添加物大辞典

まずはどんな添加物が入っていて、注意すべき成分はどれなのでしょうか。見てみましょう。

葉酸サプリ添加物・注意度リスト

表はスライドしてご覧いただけます
添加物注意指数
ショ糖脂肪酸エステル★★★
アセスルファムK★★★
着色料・香料★★
アカシアガム・アラビアガム★★
増粘多糖類
ステアリン酸Ca問題なし
セルロース問題なし
還元麦芽糖水飴・麦芽糖・マルトース問題なし
還元パラチノース問題なし
ゼイン・ツェイン・トウモロコシたん白問題なし
デキストリン問題なし

注意指数★★★!避けたほうがいい添加物

ショ糖脂肪酸エステル(乳化剤)

粘りを与えて錠剤を成形しやすくするための増粘剤です。砂糖と脂肪が結びついたもので、大量摂取で下痢をする場合がありますが、錠剤程度の分量なら問題ありません。しかし、妊娠中の場合赤ちゃんの染色体異常や奇形を招くという説もあるので、妊娠中のひとは避けたほうがいいでしょう。

アセスルファムK(アステルパーム)

錠剤を飲みやすくする人工甘味料です。赤ちゃんの奇形や脳障害を招くという説があります。安全性試験では問題ないとされていますが、妊娠中のひとはできるだけ避けたほうがいいでしょう。

いずれも美容や元気のために摂取するなら大丈夫ですが、妊娠中のママは気をつけたい成分です。できるだけ避けましょう。

注意指数★★・注意したい添加物

着色料

着色料とだけ書かれている場合何が使われているかわかりません。タール系色素は特に危険で奇形やガンを招くという説がありますので注意が必要です。

香料

香料と書かれている場合何が使われているかわかりません。食用で認められているサリチル酸メチルなどは過剰摂取すると腎臓や胃に影響すると言われています。

アカシアガム(アラビアガム)

粘りを与えて成形しやすくするための増粘剤です。まれにアレルギーを起こす可能性あるので体質によっては注意が必要です。

色素・着色料・香料など何が入っているかわからない書き方をしている商品よりは、きちんと成分表示している商品を選びたいですね。そのメーカーの誠実さが現れる部分です。

アカシアガム(アラビアガム)はだいたいのひとは問題ありませんが、アレルギーが出る場合がありますので敏感な体質のひとは避けておくと安心な添加物ですね。

注意指数★・安全とは言い切れない添加物

増粘多糖類

錠剤の形にしやすくするために使用します。アカシアガム・カラギナン・グァーガム・ローカストビーンガム・タマリンドガム・キサンタンガム・カードランなどの総称なので、何が使われているかこの表記だけではわかりません。少し注意が必要です。

増粘多糖類の表示だけでは何が使われているかハッキリしないため、添加物に気を使いたいひとは注意すると安心ですね。これも色素や香料と一緒でメーカーの誠実さが試される表記です。何を使っているか、きちんと書いている商品を選びたいですね。

注意指数なし!安全な添加物

ステアリン酸Ca

混ざりにくいもの同士を混ぜ合わせる乳化剤です。長年医療品添加物や食品添加物として使われてきた歴史があります。原料はパーム油などのステアリン酸から作られ、体にほぼ吸収されない性質をもっています。

セルロース

粘りを与えて成形しやすくするための増粘安定剤です。不溶性食物繊維のため体の外に排出されます。植物の細胞壁や繊維質を構成する物質なので、安心して飲めますね。添加物のHPC(ヒドロキシプロピルセルロース)はセルロースの一種です。

還元麦芽糖水飴・麦芽糖・マルトース

賦形剤として錠剤の形を整えるために使われ、麦のほかトウモロコシやジャガイモから作られます。

還元パラチノース

甘味料として錠剤に甘みを与えて飲みやすくするために配合される場合があります。砂糖が原料なので安全です。

ゼイン・ツェイン・トウモロコシたん白

錠剤をコーティングしているトウモロコシ由来の成分です。安全性が高いとされています。

デキストリン

栄養素同士を固める成分です。ブドウ糖が結合したものなので安全ですね。

いかにも添加物らしく難しい名前の成分たちですが、その正体はトウモロコシだったりお砂糖だったり、安全な添加物なんです。この成分ならお腹に赤ちゃんがいても問題なく飲めますね。だってもとはトウモロコシやお砂糖、パームヤシや食物繊維なんですから!

サプリメントは、本来粉末や液体だった栄養素をどうしても固めて錠剤にしなくてはいけません。粘りを出し、固める添加物が必要になります。さらにサプリメントは飲むまでに時間がかかるので、品質が劣化しないためにコーティングする添加物を入れる場合もあります。

同じように錠剤を固めるのなら、安全性に不安がある添加物より自然派の添加物で錠剤を形作っているサプリメントを選ぶのが賢いひと、賢いママですね。

添加物から見る安全な葉酸サプリメント

葉酸サプリメントはとてもたくさん種類が売られていますが、具体的にどんな添加物で錠剤を固めているのでしょうか。具体的な商品をピックアップして編集部で評価してみました。◎や◯のサプリメントが特に安全と言えるでしょう。

表はスライドしてご覧いただけます
商品名配合されている添加物安全評価
ベルタ葉酸サプリセルロース・ステアリン酸Ca
美的ヌーボ海藻由来のセルロース・アカシアガム
AFC還元麦芽糖水飴・セルロース・還元パラチノース・HPC(セルロースの一種)・ステアリン酸Ca・トウモロコシたん白
PolePoleセルロース・ショ糖脂肪酸エステル

ベルタ葉酸サプリ

添加物は本当に錠剤を固めるためにしか入れていない優良・葉酸サプリメントです。セルロース・ステアリン酸Caどちらもお腹に赤ちゃんがいるひとが飲んでも大丈夫な成分なので◎をつけました。

美的ヌーボ

セルロースとアカシアガムでシンプルに固めているので添加物の種類が少なく優秀です。ただアカシアガムのアレルギーが気になるので、敏感なひとは注意したほうがいいかも知れない点を考慮して◯にします。

AFC

還元麦芽糖水飴・セルロース・還元パラチノース・HPC(セルロースの一種)・ステアリン酸Ca・トウモロコシたん白と、いずれも赤ちゃんがお腹にいても飲める成分ばかりです。ただ還元パラチノースなど甘みを付け加えていたり、添加物が必要以上かな?という印象なので◯にとどめます。

PolePole

セルロース・ショ糖脂肪酸エステルが配合です。配合はシンプルなのですが、お腹に赤ちゃんがいるひとはショ糖脂肪酸エステルの影響が心配なので、健康や美容など他の目的のひと向けです。妊婦さんにはオススメしにくいので△です。

これで「なんだかわからないけど、添加物が怖い・・・」という気持ちが少し楽になったのではないでしょうか?これで安心してサプリメントを選べますね!より安全な葉酸サプリメントを選んで、安心安全に葉酸を補給しましょう。

 
ページのトップへ