飛蚊症の原因と効果的な対策方法

飛蚊症の原因とサプリでの対策方法

飛蚊症の原因と効果的な対策方法のイメージ
最近、虫や糸くずのようなものがチラチラ見える…そんな症状はありませんか?それは、飛蚊症かも知れません。ほとんどが無害ですが、中には病気が隠れている事もあるので注意が必要です。そこで、飛蚊症の種類や予防に有効な成分などの情報をまとめました。

糸くずや虫のようなものが見える飛蚊症の原因とサプリメントなどを活用した効果的な対策方法

痛みはないけれど、糸くずや虫のような影が視界にチラつく、なんとなく嫌な症状が飛蚊症ですよね。ほとんどの場合は無害ですが、目の病気や怪我が隠れていたりする事もあるので注意が必要です。

ここでは、飛蚊症の原因や隠れた病気の見つけ方、どうやって予防や対策をしたら良いのかなど、飛蚊症について説明したいと思います。

飛蚊症の症状とその原因とは?

飛蚊症とは最初でも触れたとおり、ありもしない浮遊物が見える症状の事です。その形はいろいろで、糸くずや虫、ゴマ、カエルの卵、煙など、症状を訴える人によって見え方に個性があるんですね。

その原因は、眼球の中にある硝子体という部分の問題なんです。

硝子体にある異物や空間が影になって見える

硝子体は卵の白身のような透明の組織で、眼球の中にたっぷりと詰まっています。そこに空洞や異物があると影になって、まるで虫や糸くずがそこにあるかのように見えるんですね。

つまり、虫のようなものは目の中にいるので、何もない場所に浮かんで見えるんです。

ほとんどの場合は老化が原因の生理的飛蚊症

飛蚊症で最も多いのが、目の老化などが原因の生理的飛蚊症です。硝子体の繊維と水分が分離し空洞や繊維クズができてしまい、それが虫のように見えるんですね。

また、眼球が形成された後は消えるはずの血管が硝子体の中に残り、生まれた時から浮遊物が見える人もいます。この無害な飛蚊症をまとめて、生理的飛蚊症と呼ぶんですね。

生理的飛蚊症は治療の必要があまり無く、見えている人が浮遊物の存在に慣れる事がほとんどです。ただ、人によっては強いストレスを感じる場合も少なくありません。

生理的飛蚊症はパソコンやスマホが原因になる場合も

老化で生理的飛蚊症を起こす場合もありますし、若くてもずっとパソコンやスマホのブルーライトを見続けると生理的飛蚊症になりやすいと言われています。早いと10〜20代で飛蚊症になるケースもあるんですね。

後で詳しく説明しますが、目を有害な光のダメージから守る事で生理的飛蚊症をある程度予防したり、進行を抑える事が可能なんです。

飛蚊症に病気が隠れている場合もあるので要注意

ただ、全てがこの生理的飛蚊症というわけではありません。病気や怪我のサインである、病的飛蚊症というものが存在するんですね。

生理的飛蚊症病的飛蚊症
治療しなくても害はないタイプの飛蚊症
老化などで起きる硝子体の空洞や異物が原因
慣れると気にならなくなる事が多い
病気や怪我が原因の飛蚊症なので治療が必要
放置すると失明する事もあるので危険

病的飛蚊症には、失明したり生命に関わる病気が隠れている場合もありますので、飛蚊症かな?と思ったら、1度は眼科で診察してもらったほうが安心ですね。

では、病的飛蚊症の原因になる病気や怪我について、次で説明したいと思います。

危険な病的飛蚊症の見分け方とは?

病的飛蚊症が現れる病気はいくつかあって、飛蚊症以外の症状や見え方である程度見つける事ができます。

飛蚊症などの見え方考えられる病気原因・ほかに考えられる症状など
虫のような影が見える
キラキラした閃光が見える
網膜裂孔
網膜剥離
進行すると視野が欠けたり失明の危険
目や顔をぶつけた時に起こる場合も
重度近眼の人はリスクが高いので注意
墨や煙が広がるような影硝子体出血糖尿病や高血圧が原因で出血する
目や顔をぶつけた時に起こる場合も
虫のような影が見える
視界が濁ったり霞む事も
ぶどう膜炎ぶどう膜炎は目の中で起きる炎症の総称
硝子体に菌が増えてしまっている状態
眩しさや目の痛み、視力低下がある事も

網膜が傷つく網膜裂孔・網膜剥離は、視野が狭くなったり視力が低下して最悪失明する場合があります。硝子体出血も、糖尿病や高血圧、目の外傷など深刻な原因が考えられるんです。

特に、目や顔面をぶつけた後に飛蚊症が現れた場合は、網膜に傷を負ったり出血している可能性があります。顔や目をぶつけた時には、すぐ病院へ行ったほうが良いですね。

また、目の硝子体に細菌が広がるぶどう膜炎も飛蚊症が起きる原因のひとつです。ぶどう膜炎は目の炎症を指す言葉ですが、重篤なものだと失明する事もあるので注意したいですね。

このように、飛蚊症に深刻な病気や怪我が隠れている場合もあります。おかしいと思ったらすぐに病院で検査を受けて下さいね。

飛蚊症は治療できるの?

病的飛蚊症の場合は、その原因になった病気や怪我を治療する事が最優先です。お医者さんの指示に従って、しっかり治療するのが一番ですね。なので、ここでは比較的無害な生理的飛蚊症についてお話します。

手術で飛蚊症を治療する方法もある

生理的飛蚊症の影は、本人が存在を忘れたり気にしなくなったりする事がほとんどです。ただ、どうしても気になる、この影を取りたい…と思う人もいるんですね。

生理的飛蚊症の場合でも目を切って、硝子体の異物などを取り除く事はできます。ただ、手術をして病気に感染したり後遺症が出るくらいならしない方が良い、というのが眼科のお医者さんに多い意見なんですね。

近年は飛蚊症のレーザー治療も可能に

しかし、最近ではレーザー治療で飛蚊症を軽くする技術が浸透しはじめました。硝子体の影や濁りなどをレーザーで破砕する事ができるようになったんですね。

レーザー治療にかかる時間は1回30分ほどで、数回に分けて行います。入院の必要はなく、目を切らなくても良いなど身体的負担の少なさが魅力の治療法です。

ただ、レーザー治療でも1回で飛蚊症をスッキリ治す事は難しいのが現状です。費用も片目で1回10万円近くする高額な治療になるんですね。

生理的飛蚊症の治療は保険適用外の場合がほとんど

また、生理的飛蚊症は病気ではありませんので、日常生活に支障が出るほど重症でない限り、手術もレーザーもまず保険が適用されません。治療は自費診療になると考えましょう。

飛蚊症は治療できますが、金銭面の負担がかなり大きいんですね。

飛蚊症を予防する3つのポイント

飛蚊症は1度なってしまうと、なかなか綺麗に取り去るのが難しい症状です。つまり、これ以上進行させない、予防する事が大切なんですね。

そこで、生理的飛蚊症の予防方法を3つのポイントに絞って紹介したいと思います。

  • ブルーライトや紫外線に注意する
  • 目のコリや疲れはこまめにほぐす
  • 抗酸化成分を摂取して老化を防ぐ

目を紫外線やブルーライトから守ろう

最初で説明した通り、飛蚊症は目へのダメージや老化が原因で起こる症状です。まず大切なのが、パソコンやスマホから出るブルーライトのダメージから目を守る事なんですね。

これには、ブルーライトを遮断するメガネや画面に貼るフィルムなどを活用したり、ルテインやゼアキサンチン配合のサプリメントを飲む事が有効です。

こうする事で、飛蚊症の原因になる目の老化やダメージを防ぐ事ができますね。

また、太陽の紫外線も目にダメージをもたらします。サングラスや日傘など目の紫外線対策をしたり、アスタキサンチンなど紫外線から目を守る栄養素の摂取もオススメですよ。

目の疲れや老化もしっかりケアしよう

どうしても防げなかった光のダメージは、目の疲れを取る工夫をしたり、抗酸化成分を摂取して目の老化をゆるやかにする対策が有効です。

目の疲れを取るには、目をホットアイマスクなどで温めたり、クロセチンやビタミンB群、アントシアニンなど目の疲れを取る成分配合のサプリメントがオススメですね。

また、老化にブレーキをかける抗酸化成分にはアントシアニン、ビタミンE、βカロチンがありますので、これもぜひ摂取したい栄養素になります。

飛蚊症の予防にはサプリメントがオススメ

さきほども触れましたが、飛蚊症を防ぐ栄養素はこんなにたくさんあるんですね。食事で摂取するのが難しい成分も多いので、サプリメントを活用するのがオススメなんです。

サプリメント選びの参考に、有効成分を詳しく紹介したいと思います。

飛蚊症の予防に摂取したいサプリメント成分

飛蚊症予防へのメリットオススメの有効成分
パソコンやスマホの
ブルーライトから目を守る
ルテイン・ゼアキサンチン
太陽の紫外線から目を守るアスタキサンチン
目の疲れを癒すクロセチン・ビタミンB群・アントシアニン
目の老化を緩和するアントシアニン・ビタミンE・βカロチンなど

飛蚊症対策にはルテインやブルーベリーのサプリがオススメ

飛蚊症予防に良い成分がいろいろありすぎて、こんなに成分があったら選べないよ!と思った人もいるかも知れませんね。でも大丈夫なんです。

ルテインサプリ、ブルーベリーサプリに絞って探してみると、上の表のような飛蚊症予防に良い成分が入った商品が多いんですね。自分に合いそうなものを、その中から選べば良いんです。

飛蚊症が気になったらまずは眼科のお医者さんへ

このように、生理的飛蚊症を予防する方法もあるんですね。ただ、飛蚊症は文中でも触れたように、目の怪我や病気のサインである事もあります。

特に、顔や眼球をぶつけた後に飛蚊症が現れた時はすぐに眼科へ行ったほうが良いですね。飛蚊症かな?と思ったら、深刻な病気や怪我でない事をまず確認しましょう。

 
ページのトップへ