ドライアイの原因と症状を抑えるための対策

ドライアイとはどんな症状?原因と効果的な対策方法

ドライアイの原因と症状を抑えるための対策のイメージ
ドライアイという言葉は知っていても、その具体的な症状や原因はよくわからなかったりしませんか?実は、その疲れ目や視力低下、目の充血、かゆみもドライアイが原因かも知れませんよ。ここでは、ドライアイの症状や原因、対策方法を紹介したいと思います。

ドライアイは目薬やサプリで症状が改善する?

ドライアイという言葉は知っていても、疲れで目が乾いてショボショボするくらいの症状でしょ?と思っている人が多いかも知れません。

ドライアイとはその名前のとおり、目を潤して守ってくれる涙がうまく出ずに目が乾く状態を言います。実は、涙が出ない事で「こんな症状まで?」という不調が目に現れてくるんですね。

その原因はスマホなどの操作による疲れ目が有名ですが、他にも意外な事でドライアイになってしまう場合もあるんです。ここでは、ドライアイの症状や原因、辛さを和らげる対策を紹介したいと思います。

ドライアイで起きる7つの症状

  • 【1】眼が乾いたりゴロゴロして不快感がある
  • 【2】眼が疲れやすく重たい感じがして辛い
  • 【3】眼が痛かったり光をまぶしく感じる
  • 【4】目が充血したり目ヤニやかゆみがある
  • 【5】涙が出てこない・理由もなく涙が出る
  • 【6】目がかすんで文字や画面が見づらい
  • 【7】角膜が傷つき視力低下につながる事も

涙にはゴミや雑菌、乾燥から目を守ったり、目がハッキリ見えるよう黒目の表面をなめらかに保つ役目があります。それが上手くいかなくなる、ドライアイの状態は大問題なんですね。

目の滑りが悪くゴロゴロした感じがしたり、雑菌に負けて目が赤くなって目ヤニが出たり、目のかすみや疲れ目などの症状が出るのは、涙がうまく出ないせいドライアイのせいかも知れません。

また、理由もなく涙が出る場合も、涙の分泌が正常でない可能性があるので注意です。涙やかゆみなど、花粉症のような症状が目に出たら、ドライアイの可能性も疑ってみて下さいね。

このドライアイが悪化すると、角膜(黒目)や目の粘膜などが傷つき、最悪の場合は視界が濁って目が見えにくくなってしまう場合もあります。重症化する前に、しっかりドライアイ対策する必要があるんですね。

では、ドライアイ対策を知る前に、その原因について説明しておきますね。

ドライアイになる5つの原因

  • 【1】パソコンやスマホ操作による疲れ目でまばたきが減る
  • 【2】室内の乾燥やエアコンの風などで目が乾いてしまう
  • 【3】コンタクトレンズをつけたまま長時間すごしている
  • 【4】年齢のせいで涙の油分が減ってしまい目が乾く
  • 【5】涙が乾きやすい体質や病気でもドライアイになる

ドライアイの原因として近年多いのが、パソコンやスマホ、ゲームなどによる疲れ目でまばたきが減り、涙が目の全体に行き渡らずドライアイになるケースです。

これはパソコンやスマホなどを扱う時間を減らすか、お仕事の環境を工夫する必要がありますね。

そして、室内の乾燥もドライアイの原因になりがちです。加湿器を使ったりエアコンの調整を行って、部屋の湿度をほどよく保ちたいですね。

あと、意外なドライアイの原因が、長時間コンタクトレンズをつけっぱなしにする事です。時々メガネで過ごす事も大時なんですね。

年齢や体質などでドライアイになる事も

目に満たしている涙は、水分とそれの蒸発を防ぐ油分が層になっており、元来乾きにくい液体です。しかし、その油分が年齢とともに分泌されにくくなり、お年寄りはドライアイを起こしやすいんですね。

ただ、高齢者でなくても涙の油分が少なく目が乾きやすい人はいるので、若くても体質が原因でドライアイになる事もあります。

そのほかにも、目が乾くシェーングレン症候群などの病気でドライアイになる場合もありますので、環境を工夫して治らない場合はなるべく早く眼科のお医者さんに相談しましょう。

ドライアイを改善する7つの対処方法

  • パソコンやスマホの操作時間を減らす
  • 青色光カット用のPCメガネや保湿メガネを使う
  • ホットアイマスクなどで目をじっくり温める
  • ルテインやアントシアニンのサプリを摂取する
  • コンタクトレンズの着用時間を短くする
  • 加湿器やエアコンを調整して湿度を保つ
  • 目薬や内服薬で目の乾きを改善する

では、原因の部分でちょっとだけ紹介したドライアイ対策をここでもっと詳しく紹介しますね。環境の改善やドライアイ対策グッズで、かなり症状が楽になるんです。

パソコンやスマホの利用環境を変えてみよう

パソコンやスマホなどから出るブルーライトは、目がピントを合わせにくいタイプの光です。その光を見続ける事で目の負担になり、ドライアイや視力の低下などにつながるんですね。

また、パソコンなどの画面を見つめ続けると、人間のまばたきの回数は4分の1まで減少します。そうなると涙が出ても目に行き渡らなくなり、これもドライアイを起こす原因になります。

パソコン作業やゲームをする時はこまめに休憩をとり、しっかりまばたきするようにしたいですね。

他にも、ブルーライトを遮断するアイテムも有効です。目を守るPCメガネや、ディスプレイやスマホの画面に貼るフィルムなどが使いやすくて便利ですよ。

パソコンのモニタを目の位置より下に置く事もドライアイ対策に有効です。モニタが低い位置にあれば目を伏せながらパソコン操作ができるので、目に入る光の量が減り楽になるんですね。

また、パソコン画面の明るさ設定を下げたり、スマホならブルーライトを軽減するアプリで目の負担を軽くするのも有効です。しかし、結局はパソコンやスマホを使う時間を減らすのが一番ですね。

目を守るルテインやアントシアニンのサプリメントもオススメ

実は、パソコンやスマホのブルーライトから目を守るサプリメントというものもあります。

ルテインやアントシアニンはどちらも野菜や果物から取れる色素で、網膜や水晶体に届いて目を守ってくれるんです。いわば、飲むサングラスのような栄養素ですね。

PCメガネと目に良いサプリを併用すれば、より多くのブルーライトを防いでドライアイを予防できますよ。

目の乾きを防止する保湿メガネも有効

ドライアイ対策に、実は保湿メガネというものも存在します。

保湿メガネとは、涙が蒸発しにくいようメガネと肌を密着させた水中眼鏡に近い構造のメガネです。商品によってはメガネに保湿用の水タンクがあるものもあるんですね。

働く場所が大きなオフィスやお店など、自分の都合で環境改善ができないお仕事の人に保湿メガネはオススメです。

目を温める疲れ目ケアでドライアイを楽に

パソコンやスマホが目に悪いと言われても、それを使わないと生活できないのが現代社会ですよね。それなら、たまった目の疲れをしっかりケアする事でドライアイを予防しましょう。

特に、ホットアイマスクで目を温めると疲れて硬直した筋肉がほぐれますし、涙を乾きにくくしてくれる油分の分泌も促すのでオススメです。

ちょうど、固まったバターがパンの上で解けるように、温める事で目の表面がなめらかに潤うんですね。

電子レンジで温めて使うタイプや、使い捨てで良い香りのするホットアイマスクなどもありますので、ぜひお家に常備しておきたいアイテムです。

コンタクトレンズの使用にも注意

また、コンタクトレンズを長時間つけ続けるのも、ドライアイの原因になります。

ハードコンタクトレンズは比較的目が乾きにくい上に、目のゴロゴロや痛みに気がつきやすく症状を悪化させる事が少ないのですが、ソフトコンタクトレンズはかなり注意が必要です。

ソフトコンタクトレンズは水分を吸収する性質があるため、まず涙を吸い取ってしまいます。さらに、レンズ表面からその水分を蒸発させてしまい目が乾くんですね。

また、レンズが柔らかいと、目の表面の傷を柔らかく覆い隠すバンテージ効果が働き、ドライアイの不快感や痛みに気がつかず悪化させてしまう場合も多いんです。

ソフトコンタクトレンズをいつも使っている人は、たまにメガネをかけて過ごすなどしてドライアイを予防したり、目が乾いていないかチェックしておくと良いですね。

お部屋の乾燥に注意して湿度を調整しよう

あと、目が乾かないように部屋の湿度をチェックする事も重要です。お部屋に湿度計が無いなら是非設置しましょう。

適度な湿気は夏で55〜65%。、冬なら45〜60%の間が理想的です。その数値を目指して、加湿器やエアコンの設定を調整してみて下さいね。

市販のドライアイ用目薬の選び方3ポイント

そして、ドライアイ対策といえば目薬ですね。眼科では人工涙液という涙に似た成分の目薬が処方されますが、似た成分のものが薬局などで市販されているんです。

お店にあるもので手軽にドライアイケアするなら、どんな目薬が良いのでしょうか。

  • 血管収縮剤や防腐剤を使わない低刺激なもの
  • ムコ多糖類入りの乾きにくい目薬がベスト
  • 涙に近い成分のドライアイ専用目薬を選ぶ

乾いて傷ついたドライアイにとって防腐剤は刺激になるので、まずは防腐剤フリーの目薬が良いですね。

成分表示を見て塩化ベンザルコニウムやクロロブタノール、パラベンなどの表示があればそれが防腐剤なので、選ぶ時の参考にして下さいね。

そして、血管収縮剤も避けたほうが良い成分です。血管を細くして目の充血を解消してくれる成分ですが、使い続けると血管が広がったままになり、充血が治らなくなる事があります。

塩酸テトラヒドロゾリンや塩酸フェニレフリン、塩酸ナファゾリンなどの成分が血管収縮剤なので注意しましょう。

逆に、目が乾かないようにコンドロイチンやヒアルロン酸など、水分を捕まえるムコ多糖類配合の目薬はドライアイにとても効果的です。

ムコ多糖類入りの目薬はとろみのある化粧水のような手触りで、目をやさしく潤してくれますよ。これはドライアイ用目薬に多い配合なので、ぜひ専用のものを選びましょう。

お医者さんに目薬や飲み薬を処方してもらう方法も

ただ、足りない涙を市販の目薬で補うだけではダメな場合もあるので注意が必要です。

目が炎症を起こしている時はステロイド剤入り目薬が必要になったり、お医者さんじゃないとケアできない病状もあるんですね。また、涙の状態を改善する飲み薬を眼科で処方してもらえる事もあります。

軽いドライアイなら市販の目薬でかまいませんが、できれば早いうちに眼科のお医者さんに診察してもらいましょう。乾燥のせいで角膜などが傷つくと視力にも影響するので気をつけたいですね。

ドライアイが改善しない時は病院へ

目が疲れやすかったりゴロゴロするなど、一見乾燥とは関係なさそうな症状でもドライアイの可能性があるんですね。自分で工夫してみて改善しないなら、なるべく早く眼科で診察してもらうのがオススメです。

ドライアイの患者数は全国で2,200万人とも言われていて、かなりメジャーな目の病気です。その中で病院を受診する人もけっこういるので「目の疲れやゴロゴロくらいで…」と思わず病院へ行ってみましょう。

しかも、慶應義塾大学の研究で「ドライアイを抱える人はメンタルヘルスの状態も良くない」という調査結果もあるくらい、目の不快感やイライラは心に深いダメージを与えると言われているんですね。

目と心の健康のためにも、ドライアイ対策や病院の受診に動き出しましょう。

参考:慶應義塾大学・青年期におけるドライアイと健康関連QOLの関係

 
ページのトップへ