ビルベリーに含まれている成分と効果のまとめ

ビルベリーは目に良いと言うのは本当?成分と効果を徹底検証

ビルベリーに含まれている成分と効果のまとめのイメージ
ビルベリーはちょっと馴染みが薄い果物ですが、目に良い成分が豊富で、エイジングケアもできるスーパーフルーツなんです。その作用からサプリやジャムなどの加工品が大ブームなんですね。その詳しい作用や成分など、ビルベリーについて紹介したいと思います。

ビルベリーってどんな果物?目に良いと言われる理由と摂取方法まとめ

ビルベリーという果物はちょっと聞きなれない名前ですよね。でも、ベリーという名前で「甘酸っぱいブルーベリーやイチゴみたいな味かな?」と想像できるかも知れません。

まさにその通りで、ビルベリーはブルーベリーに近い、甘酸っぱい野性のフルーツなんですね。

しかし、その健康効果はブルーベリー以上に高く、ヨーロッパでは1,000年以上昔から薬草として使われてきた歴史があるんです。そのビルベリーの栄養価や作用について紹介したいと思います。

ビルベリーの特徴と歴史

ビルベリーはヨーロッパで古くから食べられてきた野生の木の実で、下痢やビタミン不足で起きる壊血病の治療に使われる薬草でもありました。別名ヨーロッパブルーベリーとも呼ばれますね。

農家で栽培もされますが育てるのは難しく、皮が弱いので生で輸送しにくいのがビルベリーの特徴です。それもあってか、日本ではなかなか生のビルベリーを見かけないんですね。

ただ、北欧やスイスなどでは山や森にビルベリーがたくさん自生しており、それを摘み取ったジャムなどの加工食品が広く食べられています。

最近では、日本でも目に良いサプリの材料としてビルベリーへの注目が高まっていますよね。

ビルベリーが目に良いと言われる理由

ビルベリーは赤黒い果肉と果汁を持つ果物です。これは北欧などで見られる、1日中太陽が沈まない白夜という現象が関係しているんですね。

1日中降り注ぐ光のダメージから果実を守るため、ビルベリーはサングラスのように赤黒い色素をまとうように進化したんです。この色素がアントシアニンで、人間の目も守ってくれるんですね。

ビルベリーを食べる3つのメリット

  • まぶしい光に目が慣れやすくなる
  • パソコンやスマホの光から目を守る
  • 生活習慣病の予防や美容にも良い

ビルベリーに含まれるアントシアニンには、まぶしい光に目が慣れるスピードを上げたり、スマホやパソコンから出るブルーライトで目が受けたダメージを和らげる作用があります。

また、アントシアニンには毛細血管を保護して強化する作用があるので、動脈硬化や高血圧も防いでくれるんですね。さらに血行も促進するため、脂肪代謝促進や美肌などの作用も期待できますよ。

この万能な健康成分アントシアニンですが、多く含んでいる事で有名なのがブルーベリーです。ビルベリーはそのブルーベリーよりもアントシアニンを2〜3倍多く含む品種なんですね。

もし、目に良いサプリメントを選ぶなら、ビルベリーが原料のものを選ぶとアントシアニンが豊富なのでオススメですよ。

ビルベリーに含まれる主な栄養素

含まれる有効成分詳しいメリットやその作用
アントシアニンアントシアニン量はブルーベリーより2〜3倍も多い
目に受けたブルーライトのダメージを和らげる
まぶしい光に目が慣れるのを早めてくれる
炎症を抑えるので肌荒れや目の充血対策にも
毛細血管を強化したり血圧を安定させてくれる
抗酸化作用があるのでエイジングケアにもピッタリ
コラーゲンを保つ作用があるので肌のハリ維持にも良い
血行促進効果から美肌、代謝UP、むくみや生理痛対策にも
ペクチン食物繊維の一種で便秘を解消してくれる
タンニン胃腸を保護して下痢などを改善
メラニンの生成を抑える美白の作用も

ほとんどがアントシアニンの健康効果ですが、ペクチンやタンニンが含まれるのも嬉しいポイントですね。

余談ですが、ブルーベリーを切ってみると白い果肉が出てきます。対して、ビルベリーは赤黒い果肉です。このビルベリーの赤黒いな果肉こそアントシアニンが豊富な証なんですね。

ビルベリーに過剰摂取や副作用の心配はあるの?

ビルベリーは伝統的にヨーロッパで食べられてきた木の実であり、経験的に食べても安全なフルーツとして親しまれてきました。

米国ハーブ製品協会でも、ビルベリーは安全に摂取することができるハーブとしてクラス1という区分に分類されています。安全性はハーブ専門家の折り紙つきなんですね。

ただし、ごく稀にですがブルーベリーやビルベリーにアレルギーを持っている人もおり、注意が必要です。

ラテックスアレルギーや重い花粉症、他の果物にアレルギーがある人、口腔アレルギー症候群と診断された人などは、念のためアレルギーに注意したほうが良いでしょう。

また、どんな果物でも大量に食べ過ぎると果糖で太りやすくなったり、消化しきれず下痢をする場合もあります。ビルベリーがおいしくても、食べる量はほどほどにしたいですね。

野生の健康成分を蓄えた甘酸っぱい果物がビルベリー

まとめると、ビルベリーはブルーベリーよりもアントシアニンが多いフルーツで、目の健康を維持するのにオススメの果物なんですね。

日本で生のビルベリーは入手困難なので、サプリメントでそのパワーを摂取するのがオススメです。ルテインやDHA・EPAとブレンドされたサプリを選ぶと、目の健康への作用がさらに高まりますよ。

ヨーロッパで古くから食べられてきた薬草のビルベリーなので、ぜひその作用を実感してみて下さいね。

 
ページのトップへ