漢方薬の満量処方とは

満量処方とは何か?その意味と1/2処方との違い

漢方薬の満量処方とはのイメージ
ダイエット漢方や葛根湯のパッケージに、満量処方と書かれている事ってありますよね?満量処方とは、国の基準の最大量まで生薬を入れた漢方薬の事です。しかし、何でも満量処方が良いわけではないんですね。その理由について説明します。

漢方薬の満量処方っていったい何?防風通聖散は満量処方を選ぶべき?

漢方薬は病院で処方される以外にも、ドラッグストアやネットで買う機会が増えましたよね。そんな時に気になる表示が、満量処方という言葉です。

満量処方だと何が良いのか、満量処方の漢方薬を選ぶべき理由はあるのか、ここでは漢方薬の満量処方について説明したいと思います。

満量処方って何だろう?

満量処方を簡単に説明すると、国の規定いっぱいまで材料の生薬を入れた漢方薬の事です。

漢方薬は、厚生労働省が定める医薬品の規格基準書の日本薬局方、簡単に言うとあらゆるお薬について決めた国のルールでその配合が決められています。

葛根湯や麻黄湯、補中益気湯など漢方にはそれぞれブレンド名がつけられていて、どんな生薬を1日分何グラム、どんな比率で混ぜるのか、その漢方薬によってレシピが決められているんですね。

満量処方とは、その国のルールで定められた最大の量を配合した漢方薬を指すんです。つまり、有効成分が最大量のパワフル漢方薬という事ですね。

副作用を心配して満量処方しない場合も

そう考えると、世の中の漢方薬全てが満量処方で良いんじゃない?と思ってしまいますよね。

ただ、漢方薬にも副作用はあります。漢方薬は西洋医学のお薬より副作用が無いイメージがありますが、漢方も立派なお薬なので副作用を考える必要があるんです。

なので、あえて満量処方をせずに、2分の1処方など量の少ない漢方薬を処方する場合があるんですね。

そして、飲む人の体調によっては満量処方でなくて良い場合もたくさんあります。満量処方はその分値段も高いですし、お手軽価格の2分の1処方の漢方でも効果があればOKなんですね。

とにかく効果が欲しい時は満量処方がおすすめ

つまり、高くても多少刺激があっても、しっかり効果が欲しい!という時は満量処方を選ぶべきです。

例えば、風邪をひいたから漢方で集中ケアしたい…という場合は満量処方の葛根湯がおすすめですね。ウィルスでダメージを受けた体には、強力な満量処方が心強いんです。

また、ダイエットしたかったり、冷えやコリも何とかしたい場合、満量処方の防風通聖散でがっちり血行や代謝を良くするのもおすすめですよ。

満量処方のレシピが複数ある漢方薬も

ただ、同じ漢方薬でも満量処方のレシピが複数ある場合もあります。例えば、葛根湯は4つのバリエーションがあるので、同じ満量処方の表示でもレシピによって中身が変わるんですね。

満量処方の商品同士でどっちを買おうか迷ったら、添付文書やパッケージに書いてある生薬の合計量が多いものを選びましょう。

例えば「この葛根湯、どっちも満量処方だけどパワーのあるほうがいいな」と思ったら、配合されている生薬の量を比べてみると良いんですね。

自分の体と相談しながら漢方を変えていこう

経験豊富な漢方医の先生に漢方薬を処方してもらうのも良いですが、そんな手間や時間が無い、近所に漢方を取り扱う病院が無い場合もありますよね。

そんな時は、気になる漢方を買って飲んでみましょう。効果が薄いと思ったら満量処方を試してみる、副作用がキツいなら2分の1処方など量の少ない配合に変えてみると良いですね。

漢方薬は体質やその人との相性があるので、まずは飲んでみる事が大事です。気になる漢方はまず1ヶ月程度試してみるのがおすすめです。

 
ページのトップへ