防風通聖散

防風通聖散の効果を検証!話題の商品を徹底比較

若い頃は細かったのに今はお腹ポッコリ、なんて人はいませんか?そんな人におすすめなのが防風通聖散という漢方薬です。体質に合った人なら半年で平均4.8kgの減量ができたという実績もあるお薬なんですね。その作用や特徴について紹介したいと思います。

ダイエットや便器解消に効果的と言われる防風通聖散ってどんな漢方?

若い頃は細かったのに今ではお腹ポッコリ…そんな人は内臓脂肪が溜まっているかも知れません。

内臓脂肪は糖尿病や高血圧、動脈硬化、心臓の病気などを招きますし、スタイルの面でもやっかいな存在です。気が付いた時に落としておきたいですよね。

そんな内臓脂肪の悩みには、脂肪を燃えやすくして食欲も抑える、防風通聖散という漢方がオススメです。

防風通聖散を飲む実験では、半年で平均4.8kgの減量を実現したという驚きのデータもあるので、今までダイエットサプリで失敗してきた人にも試してほしい漢方とも言えますね。

内臓脂肪を減らしたい、余分なものを捨て去ってスリムになりたい人向けに、ここでは防風通聖散の特徴や作用について紹介したいと思います。

防風通聖散ってどんな漢方薬なの?

防風通聖散は余分な水分や便を体外に出したり、内臓脂肪を燃えやすくしたり、食欲を抑える作用を持つ漢方薬です。その歴史は古く、千年以上前に書かれた漢方の本にも防風通聖散が登場するんですね。

汗をかかせて皮膚の病気を和らげたり、便秘を治療したり、のぼせを取ったり、むくみを取る作用があると書かれており、千年以上前から人々の体調を整えてきた事がわかります。

そのめぐりを良くする代謝UP作用が注目され、最近では防風通聖散がダイエットに応用されるようになったんです。

漢方薬は効く物しか残らない口コミ重視の世界

ただ「漢方薬って本当に効くの?」という疑問もありますよね。たしかに、病院でもらうお薬の多くは西洋医学のもので、漢方薬はどうしても脇役のイメージがあるのも本当です。

西洋医学だと病気の原因を見つけてそれを治療する薬を作りますが、漢方医学や中医学は薬を使ってみて効くかとにかく試してみて、そのデータから薬を作っていきます。

つまり、無限の可能性の中から試しに試して効く薬を見つける、苦労の結晶が漢方薬なんですね。

もしピンと来なければ、仮に古代中国にインターネットがあったとしましょう。現代まで残った防風通聖散は、試してみた人の口コミ評価が抜群に良かった名作漢方薬と考えればわかりやすいですね。

防風通聖散のめぐりを良くして余分な物を排出する力は、古代からの実績が証明しているんです。

ダイエット中に防風通聖散を飲む3つのメリット

  • 代謝を順調にして脂肪を燃やし溜め込まない体にする
  • 便秘やむくみを改善して余計なものをじゃんじゃん出す
  • 空腹感を抑える作用で-4,8kgを実現した実験結果も

代謝が順調になれば脂肪も燃えてポッカポカ

防風通聖散は、エネルギーを燃やすサイクルを順調にする事で、太りにくく痩せやすい体にする漢方薬です。

人間は食べ物から吸収したエネルギーを血液に乗せて全身の細胞に配り燃やしますが、自律神経の乱れやストレス、コリなどで血行が悪いと栄養が届きにくい場合があります。

そんな時にトウキやセンキュウなど、血のめぐりを良くする生薬を調合した防風通聖散を飲めば血流がスムーズになり、エネルギーが順調に配達されて燃えてくれるんですね。

その証拠に、横浜市立大学医学部で行われたマウスに防風通聖散を与える実験では、内臓脂肪を蓄えた白色脂肪細胞が小さくなり、エネルギーを燃やす役割の褐色脂肪細胞が活性化する事がわかっています。

つまり、溜め込まれた内臓脂肪が燃えやすくなる防風通聖散のパワーが示されたんですね。

参考:2013年 公立大学法人横浜市立大学・記者発表資料

水分や便など溜まったものをじゃんじゃん排出

防風通聖散には、尿や便を出やすくする成分も多く配合されています。レンギョウやビャクジュツなどの生薬は尿を出し、ケイガイやボウフウは発汗を促します、これで顔や足のむくみがスッキリするんですね。

むくみは足を太くして体重を増やし、エネルギー代謝も下げるダイエットの大敵です。防風通聖散でいらない水分をギュギュッと絞りましょう。

また、ダイオウやサンシシも配合されているので、腸の動きを活発にして便秘をスッキリさせるのも防風通聖散の良いところです。ポッコリお腹も解消しますし、肌荒れ対策にも便秘解消は有効なんですよ。

満腹感を高める作用で食べ過ぎストップ

また、防風通聖散には食欲を生み出すホルモンのグレリンを抑える作用がある事もわかっています。

どんなに代謝を高めて運動を頑張っても、必要なカロリー以上を食べ過ぎてしまえば意味がありません。その点で、食欲を抑えてくれるのは1番大事なダイエットサポート効果と言えます。

この作用も、先ほど紹介した横浜市立大学医学部の防風通聖散をマウスに与える実験で示されていて、脂肪を燃やす事と食欲を抑える事、両方の作用がデータに現れているんですね。

防風通聖散を半年飲んで平均-4.8kg減という驚きのデータも

ほかにも、労働者健康福祉機構鹿島労災病院和漢診療センターを中心にした研究によれば、防風通聖散を服用して食欲の低下が見られた人は、半年で平均4.8kgも体重が落ちた実験結果もあります。

これは病院に来た肥満の患者さん33人に半年間防風通聖散を半年間飲んでもらうという実験で、体質に合わなかったり食欲抑制作用が実感できなかった17名以外、残り16名に食欲抑制の作用が認められたんですね。

この全体の半分ほどの「防風通聖散を飲んだら食用が落ち着いた」と感じたグループは、半年でなんと平均4.8kgも痩せたんです。

つまり、防風通聖散が体質に合う人は全体の半数程度だけど、体質に合えばすばらしい作用を実感できるという事なんですね。

参考:2005年 日本東洋医学雑誌・防風通聖散の減量効果の検討

オススメの防風通聖散はどれ?

脂肪を燃やす手助けをして、食べ過ぎも防ぐ防風通聖散ですが、色んなメーカーが売り出している漢方薬でもあります。一体どこの防風通聖散が良いのか、オススメの商品を少し紹介したいと思います。

どれも手軽に取り寄せられる商品ばかりなので、ぜひ試してみて下さいね。

防風通聖散の材料は一体何なの?

防風通聖散がダイエットに良い事がわかったところで、その中身も気になりますよね。漢方とは、生薬と呼ばれる薬草や素材そのものを調合して作られるお薬を指します。

ここでは、防風通聖散の材料になる生薬をひとつひとつを紹介したいと思います。その数、なんと18種類も配合されているんですね。

防風通聖散に含まれる18種類の生薬

防風通聖散に配合されている生薬その作用や特徴
当帰(とうき)血行促進・鎮痛・炎症や肌荒れ、アレルギーの抑制など
芍薬(しゃくやく)めまいや目のかすみのケア・月経不順や生理痛対策・イライラの解消
川芎(せんきゅう)元気を出す強壮作用・冷え性や貧血対策・月経不順や生理痛ケアにも
山梔子(さんしし)便秘解消・尿の排出を助ける・炎症や肌荒れ予防・イライラ対策にも
連翹(れんぎょう)尿を出してむくみを解消する・皮膚病対策や膿を出す作用も
薄荷(はっか)リラックス作用・血行促進・脂質の消化を助けるメリットも
生姜(しょうきょう)リラックス作用・血行や代謝を高めるポカポカ作用も
荊芥(けいがい)汗を出すのを助ける・頭痛のケア・肌荒れや皮膚病対策に
防風(ぼうふう)汗を出す作用・風邪予防・冷え性ケア・頭痛対策にも
麻黄(まおう)汗を出すなどのむくみ対策・風邪予防や喘息ケアにも良い
大黄(だいおう)便秘解消・血のめぐりを良くする作用・尿を出すのを助ける
芒硝(ぼうしょう)腸の動きを良くする作用で便秘解消・尿を出すのでむくみのケアにも
白朮(びゃくじゅつ)尿を出す作用・下痢の解消・消化不良対策にも
桔梗(ききょう)風邪対策・たん、咳を止めて和らげる作用がある
黄芩(おうごん)肌荒れや皮膚病やアレルギーなどの炎症を抑える
甘草(かんぞう)炎症を抑える作用・ステロイド剤に似た抗アレルギー作用

ダイエットだけじゃない防風通聖散を飲む5つのメリット

防風通聖散に含まれる生薬を見ると、脂肪や水分の代謝促進や便秘対策だけでなく、いろんな作用を持つ生薬が含まれている事がわかりますね。ほかにも色んな健康や美容への作用が期待できるんです。

  • 肩こりや冷え、のぼせの解消作用
  • 湿疹や肌荒れに対策する美肌効果も
  • 血圧やコレステロール値を安定させる
  • イライラを鎮めて心をリラックスさせる
  • 生理不順や生理痛を緩和してくれる

ちょっと気になる不調をあれこれ解消してくれるんですね。飲むだけで、美容や健康に一石二鳥、三鳥の作用が期待できるのが防風通聖散なんです。

防風通聖散の注意したい副作用とは

  • 脱水や電解質の不足が起こり具合が悪くなる事も
  • 黄疸や肝機能障害が現れたら使用を中断して病院へ
  • 妊婦さんや授乳中の女性は避けたほうが良い漢方

脱水や黄疸が現れたら飲むのをストップ

防風通聖散はダイエットや健康に良い漢方ですが、その作用の高さが副作用を招く場合もあります。

例えば、尿を出す作用のせいで電解質のカリウムやナトリウム、水分が不足する事があります。防風通聖散を飲む時はしっかり水分を取り、ダイエットしたくても絶食するのは避けましょう。

また、体調や体質によっては黄疸が出たり肝機能が低下する場合があります。皮膚や目が黄色くなったり体調がおかしいと思ったら、すぐに防風通聖散を飲むのをやめ、お医者さんに相談するようにして下さいね。

妊婦さんや持病のある人はお医者さんに相談を

そして妊婦さんや授乳中の女性は特に注意です。含まれている生薬のダイオウとボウショウには子宮を収縮させる作用もあるので、妊娠中だと流産や早産を招く危険性がゼロとは言えません。

また、便秘解消成分が母乳を通じて届くと赤ちゃんが下痢が起こす場合もあるので、授乳中もあまりオススメできない漢方です。

妊婦さんや授乳中のお母さんは自己判断で防風通聖散を飲むのは避けて、必ずお医者さんに相談するようにして下さいね。

また、心臓や血圧、胃腸、尿に関係する病気など、持病がある人も症状が悪化する場合があります。必ずお医者さんに確認してから飲むようにして下さい。

防風通聖散の効果的な飲み方

防風通聖散をはじめ、漢方薬は1日2〜3回に分けて食前か食間に飲むのが良いとされています。食前とはご飯の30分前、食間とは食後2時間程度経ったタイミングですね。

普段病院で処方される風邪薬などは成分が精製されたお薬で吸収が良く、食後に飲むものが多いんです。比べて漢方は生薬、植物のままなので、腸でしっかり分解しなければなりません。

そんな時に食べ物が胃腸に詰まった状態だと、漢方を分解吸収するのに邪魔なんですね。なので、胃腸が空っぽな食前と食間がベストタイミングなんです。

防風通聖散はぬるま湯かお水で、忘れずに食前か食間に飲みましょう。

防風通聖散の作用を実感するまでの期間は?

そして、気になるのが防風通聖散はどのくらいの期間飲めば良いのか?という事ですよね。漢方の作用が現れるまでの期間には個人差があるので一概には言えません。

ただ、最初で紹介した-4.8kgを実現した実験のグループは、防風通聖散を半年間飲み続けています。この事から、自分に防風通聖散が向いているか判断するには半年程度飲み続けるのが良いと言えるでしょう。

まずは取り寄せて防風通聖散を飲んでみよう

このように、防風通聖散はダイエットや健康に効果的な漢方薬なんですね。ただ、実験結果を見る限り効く人と効きにくい人がいるようです。

防風通聖散が自分の体質に本当に合うのか、こればかりは飲んでみないとわかりません。ネットから取り寄せるのも簡単なので、まずは試しに飲んでみましょう。

 
ページのトップへ