サプリマガジン
  ダイエットサプリ

ダイエットサプリのおすすめは?効果ありと口コミで人気のサプリ

ダイエットサプリのイメージ
ダイエットサプリってどれが効くの?これはみんなが悩む事ですよね。ダイエット成分は種類豊富で糖質脂質カット系と代謝促進系に分られますが、実は体型の悩みによってピッタリな成分は違うんです。そこで、サプリの選び方やオススメを紹介したいと思います。

本当に効くダイエットサプリはどれ?種類別の特徴と選び方のコツを教えます

ダイエットサプリって種類がありすぎて、どれで痩せられるのかわからない!これはみんなの悩みですよね。

ただ、成分のバリエーションは多くても、作用は大きく2種類に分けられるのがダイエット成分の特徴です。余分な糖質や脂質をカットするタイプと、代謝を高めて痩せやすい体にするタイプですね。

それを各社でブレンドしたものがダイエットサプリなので、難しく考えなくても大丈夫なんです。その中でもオススメの7種類を中心に、自分に合ったダイエットサプリの選び方をお伝えしますね。

そもそもダイエットサプリはどうして痩せるの?

人間は活動するためにご飯を食べて消化し、糖や脂質に分解して吸収します。吸収された糖などは血液に乗って全身の細胞にエネルギーとして配達されますが、いきなり全部を使い切る事はできませんよね。

その余った糖や脂質を蓄えて、ご飯を食べられない時期に備えるものが脂肪なんです。この脂肪が生まれる過程をブロックしたり、エネルギーの代謝を高めて痩せやすくするのがダイエットサプリなんですね。

ダイエット成分が糖や脂質をブロックしエネルギー代謝を高める

例えば血のめぐりを良くする黒酢などのポリフェノール系サプリや、血液をサラサラにするDHA・EPAサプリを飲むと、血中にばらまかれた糖が細胞によく届き代謝しやすくなります。

そうなると脂肪になる前に多くの糖を使い切る事ができますし、脂肪を減らす助けにもなります。つまり、代謝を高めて痩せやすくなるんですね。

あと、コンブチャやキトサンなど、食物繊維系サプリもダイエットにはオススメです。糖や脂質をからめ取って便にして出す事で、同じ食事を食べても太りにくくしてくれるんです。

このエネルギー代謝を高める成分と、糖や脂質をカットする成分の一覧は後でご紹介しますね。

オススメのダイエットサプリ7種類

「難しくないって言われても、やっぱりダイエットサプリって種類ありすぎ!」という人には、この7種類がオススメです。どれも体にやさしく、失敗の少ないサプリを選びました。

ダイエットサプリの種類主な有効成分どうしてダイエットに繋がるの?
【1】コンブチャ食物繊維
酵母や酵素など
菌が産み出した食物繊維が食べ過ぎをリセット
商品によっては酵素など代謝を高める成分も配合
食事の代わりに飲む置き換えダイエットにも使える
【2】黒酢サプリアミノ酸
ポリフェノール
アミノ酸やポリフェノールがエネルギー代謝を高める
アミノ酸がエクササイズの持久力を高める作用も
【3】生酵素サプリ酵素
アミノ酸
植物を発酵させた酵素で代謝を高める
酵素の体力維持作用があるので運動のお供にも
【4】すっぽんサプリアミノ酸
リノール酸
アミノ酸やリノール酸が代謝を高める
アミノ酸がエクササイズの持久力を高める作用も
【5】乳酸菌サプリ乳酸菌各種腸内環境を整えて便秘を解消したり代謝を高める
ダイエット作用を持つ特別な乳酸菌も存在する
【6】DHA・EPAサプリDHA・EPA血液の流れをサラサラにする事で脂肪の代謝をUP
【7】筋肉サプリHMB
アミノ酸類など
脂肪の代謝を助ける筋肉をつきやすくしてくれる

7つのタイプ別ダイエットサプリの選び方

オススメのダイエットサプリを7種類まで絞りましたが、それでもまだ多い、選べない!という人がほとんどですよね。

そこで、オススメダイエットサプリの中で自分向いているのはどれか、タイプ別に紹介したいと思います。

ダイエットの悩みや目的オススメのサプリその理由
【1】筋トレもしてボディラインを整えたい筋肉サプリ筋肉がつくのを早めてくれるのでオススメ
筋肉がつくと代謝を助けるホルモンも分泌される
【2】パンパンの太ももや脚を細くしたい黒酢サプリポリフェノールが血のめぐりを促す
一緒に水分も代謝されて脚スッキリ
【3】お腹まわりの脂肪や内臓脂肪が悩みDHA・EPAサプリ内臓脂肪を落とす作用が高いのでオススメ
【4】とにかく全体的に体重を落としたいコンブチャ
生酵素サプリ
乳酸菌サプリ
生酵素や乳酸菌は基礎代謝を高め痩せやすくする
コンブチャは脂質や糖をカットし太りにくくする
【5】ダルさや疲れで運動できない…すっぽんサプリ
黒酢サプリ
酵素サプリ
筋肉サプリ
アミノ酸の作用で持久力UPが期待できる
疲れが抜けず運動が辛い人にもオススメ
【6】便秘がちで冷えやすく体がぷよぷよ乳酸菌サプリ
コンブチャ
黒酢サプリ
便秘を解消して腸を健康にすれば体もポカポカ
腸内環境が良くなれば代謝UPで痩せやすくなる
黒酢のポリフェノールも冷えに良い
【7】甘いものや脂っこいものが我慢できないコンブチャ食物繊維が糖や脂質をからめ取って排出
食べても太りにくくしてくれる

気になるダイエットサプリは3ヶ月飲み続けてみよう

自分があてはまるタイプはあったでしょうか?ふたつ以上当てはまっている場合、より深刻な悩みのほうを優先してサプリを選ぶと良いですね。

どんなサプリメントでも効果を実感できるのは、全身の細胞が入れ替わる3ヶ月程度が目安です。まずは「これかな?」というダイエットサプリを選んで、3ヶ月飲み続けてみましょう。

目的別ダイエット成分大辞典

最初でも触れましたが、オススメした以外にもいろんなダイエット成分がまだまだありますよね。そして、コンブチャや黒酢サプリなど、オススメしたサプリに他の成分がブレンドされている事も多いんです。

ひとつひとつのダイエット成分の特徴を知って、サプリを選ぶ参考にして下さいね。

余分な栄養をカットしてくれるダイエット成分一覧

脂質や糖がたっぷりな甘いもの、脂っこいものっておいしいですよね。ただ、太りやすいのが欠点なのは言うまでもありません。

ここで紹介する成分は、ある程度その糖や脂質をリセットしてくれる嬉しいダイエット成分なんです。外食の前などに飲んでおくと、太りにくくしてくれるので便利ですね。

ダイエット成分作用など
難消化性デキストリン
発酵パガス
フェヌグリーク(コロハ)
など多数
食物繊維が脂肪や糖を絡め取り排出してくれる
難消化性デキストリンは脂肪対策にトクホのお茶や食品にも配合
ギムネマ・シルベスタ糖の吸収を抑えて太りにくくしてくれる
キチン・キトサン脂肪をからめとって排出してくれる
※カニやエビが原料なのでアレルギー注意
白インゲン
ファセオラミン
ファビノール
糖の分解を阻害して吸収しにくくしてくれる
ビール酵母など
酵母類
酵母が糖質を吸収する前に分解してくれる
サラシア
(ネオコタラノール)
脂肪を分解する酵素を抑制して吸収しにくくする
桑の葉
DNJ(デキオシノジリマイシン)
血糖値をコントロールして脂肪をつきにくくする
ガーシトリン
ガルシニア
糖を脂肪に変えにくくして肥満を防ぐ

脂肪やエネルギーを代謝しやすくするダイエット成分一覧

脂肪とはエネルギーの貯金なので、エネルギー代謝を高める作用のある成分はダイエットにつながります。

また、血行や代謝が高まると細胞の隅々までエネルギーが行き渡るので、ダイエットだけでなく持久力UPを助けてくれる成分が多いのも特徴ですね。

ダイエット成分作用など
フォルスコリン
コレウスフォルスコリ
フォースコリー
血行を促進して脂肪とエネルギーの代謝を高める
カプサイシン
トウガラシなど
血行を促進して脂肪の代謝を助けてくれる
酵素
(植物発酵エキスなど)
酵素を補充する事によって代謝を上げて痩せやすくする
オルニチン肝機能を助けて基礎代謝を上げて痩せやすくする
L-カルニチン
α(アルファ)リポ酸
脂肪をエネルギーに変えやすくしてくれる
シトラス・アランチウムアドレナリンの分泌を助け脂肪燃焼を助ける
バイオペリン
黒コショウ抽出物
ピペリンが血行を促進して脂肪燃焼を助ける
ラクトフェリン内臓脂肪を減らす作用があるので中高年にオススメ
レプチコアホルモンの力で基礎代謝を上げて痩せやすくする
プラセンタ細胞分裂と代謝を高める作用があるので痩せやすくなる
リノール酸脂肪を分解する酵素を刺激して痩せやすくする
※キトサンなど油を排出する成分とは相性が悪いので注意
サラシア
発酵パガス
ブラックジンジャー
クラチャイダム
黒生姜
黒ウコン
お茶のカテキン
メリロート
ヘスペリジン
大豆イソフラボン
フラボノイド類など
ポリフェノール類が血行促進し脂肪の代謝を助ける
老化から細胞を守る作用も期待できる
だるさや冷え、体調不良の緩和にもオススメ

自分に合ったサプリを選んでダイエットをスタートしよう

このように、ダイエットサプリは似たようなの成分のものがたくさんあるので、1度に飲むダイエットサプリは1種類にしたほうが成分を取りすぎなくて安心ですね。自分に合ったものをひとつだけ選びましょう。

また、胃腸の弱い人だと食物繊維系サプリでお腹が痛くなる人もいますので、自分の体質を考えて選ぶ事も重要ですね。

そして、ダイエットサプリは痩せるためのサポートはしてくれますが、それ以上に食べてしまったり運動を全くしなければなかなか痩せる事はできません。

まずはサプリの作用が出るまでの3ヶ月を目標に、食事管理と運動もしながらダイエットを続けたいですね。

1ヶ月1kg減らしても、3ヶ月後には3kg体重が減っている計算です。まずは1kgから減らしてみましょう!

 
ページのトップへ