オメガ3脂肪酸って何?その正体と効果

オメガ3脂肪酸の効果と働き

オメガ3脂肪酸って何?その正体と効果のイメージ
オメガ3脂肪酸ってよく耳にするけど、その正体はなに?どんな効果や働きが期待できるの?ここでは、オメガ3脂肪酸の摂取方法から働きまで紹介しています。

オメガ3脂肪酸って、どんな効果や働きを期待できるの?何から摂取したらいい?

中性脂肪を減らして動脈硬化を予防したり、頭がよくなるという噂もあるDHA・EPAは有名な健康栄養素ですよね。このDHA・EPAの正体はオメガ3脂肪酸というものの一種です。

でもオメガ3脂肪酸って一体なに?聞きなれないけどどんな役割があるの?という疑問が出てくるとおもいます。ここではオメガ3脂肪酸の正体を探って、よりDHA・EPAを健康に生かす方法を考えてみましょう。

オメガ3脂肪酸とはどんな物質?

「オメガサン、シボウサン・・・理科苦手だったのよね・・・」いかにも難しそうな響きのオメガ3脂肪酸、まず脂肪酸って何?という部分からこの成分が何者か探っていきましょう。

まず脂肪酸とは、ざっくり脂質のひとつで油のことです。脂肪酸は人間が動くためのエネルギーだったり、人体の細胞や脳、ホルモンなどの材料にもなります。つまり脂肪酸は人間の燃料であり材料、無くてはならないものなんですね。

種類によって食事で体に取り入れたり体の中で生成したり得る方法も様々、役割も違っているんです。その種類のひとつがオメガ3脂肪酸なんですね。

脂肪酸にはどんな種類がある?

オメガ3脂肪酸の性質を知るために、他にもどんな脂肪酸があるかまず見てみましょう。

トランス脂肪酸

血中の悪玉コレステロールを増やし、生活習慣病の原因になるのでは?と危惧されている脂肪酸です。アメリカでは規制されていますが、日本では販売することが許されています。

液体の油を固体に替える目的で水素と反応させると生成され、マーガリンやショートニングに含まれています。油と水素を使った反応はプラスチックの生成方法に近いメカニズムで、事実トランス脂肪酸は腐敗せず、虫などが寄らないことでも知られているんですね。

また、アレルゲンとしてアトピーやアレルギー症状を招いたり悪化させることも指摘されています。

天然のお肉にも少し含まれますが、人工的に作られたトランス脂肪酸は分量が違いますので注意したいところですね。菓子パン・ケーキ・揚げ物・スナック菓子などに多く含まれますので、おいしくてもこれらの食べ物はできるだけ控えたほうがいいでしょう。

飽和脂肪酸

動物の脂肪に含まれていて、常温だと半分固まっている脂肪酸です。ラード・牛脂・ココナッツオイルなどでおなじみの脂肪酸ですね。人間のエネルギーを作り出す必要不可欠な脂肪酸で、不足すると血管が脆くなることがあるので適量を摂取したい脂肪酸ですね。

摂りすぎるとコレステロール値を上げてしまう性質や、毛穴に詰まりやすく肌荒れの原因にもなりがちという困った面もあります。体に必要なものですが、食べ過ぎにだけは注意したい脂肪酸です。

単価不飽和脂肪酸(オメガ9脂肪酸)

オレイン酸(オリーブオイル・菜種油)などの脂肪酸です。悪玉コレステロールを減らし、動脈硬化・心臓病・高血圧の予防に効果的です。体内でも生成できますが、食べて補給したい脂肪酸のひとつですね。

多価不飽和脂肪酸(オメガ6脂肪酸)

人間の体内で合成できない必須脂肪酸なので、食物から摂取する脂肪酸です。リノール酸(とうもろこし油など)やアラキドン酸(肉・魚・レバー・卵など)が有名ですね。

適量ならコレステロール値を下げたり、特にアラキドン酸はアレルギーの緩和に効果があるとされていますが、肉や卵、揚げ物など現代人はよく食べるので過剰摂取が問題になっています。

逆にアラキドン酸が増えすぎると炎症を起こす悪性エイコサノイド(アトピーの原因として有名なプロスタグランジンもこの一種ですね)という成分が生まれ、アレルギーが悪化するという説が有力なんです。

また悪性エイコサノイドが引き起こす「炎症が起きやすい体」というのはあらゆる病気にかかりやすい状態とも言えます。免疫力が低下しているのでウィルスにもかかりやすくなりますし、血管や心臓の病気につながる場合もあります。

こう書くと「オメガ6脂肪酸って怖い!!」と思われるかも知れませんが、最初に触れたように、良いバランスで摂取すればアラキドン酸は良性のエイコサノイドを作り出し、アレルギーや炎症を抑えてくれる良い脂肪酸なんです。

オメガ6脂肪酸は摂りすぎないことが大切です。オメガ9脂肪酸のオリーブオイルに調理油を置き換えたりして対応するのもいいですね。あと揚げ物の油にも多く含まれるので、揚げ物を控えるのも有効です。お肉をお魚に切り替えるのも効果があるでしょう。

多価不飽和脂肪酸(オメガ3脂肪酸)

そして最後に、DHA・EPAが分類されるオメガ3脂肪酸ですね。人間の体内で合成できない必須脂肪酸なので、積極的に摂取する必要があります。

他の脂肪酸より必要摂取量が少ないですが、このオメガ3脂肪酸をもつ生物自体(主に青魚)が少ないため、どうしても不足しがちになる脂肪酸です。あとは亜麻仁油・荏胡麻油・シソ油にも含まれていますので、食事に取り入れてもいいですね。

コレステロールを低下させる効果はオメガ9脂肪酸と比較してもこちらのほうが強力と言われており、様々な健康効果があります。

自分の食生活を思い出すと改善する部分が見えそうですね。DHA・EPAで健康やダイエット、いろいろ目指そうと思っても、トランス脂肪酸・飽和脂肪酸・オメガ6脂肪酸に気をつけないと意味がなくなってしまいます。まずはよくない食習慣を改めることが大切です。

  • トランス脂肪酸は減らす
  • オメガ6脂肪酸・飽和脂肪酸はほどほどに
  • 調理油にはバランスを考えてオリーブ・荏胡麻・シソ油などを使う

まずこれを守ることが大前提なんですね。

脂肪酸同士のバランスが健康を作る

脂肪酸それぞれの性質がわかったところで、なぜDHA・EPAを摂取したほうがいいのかという話に戻ってみましょう。

脂質はそれぞれ働きが違い、そのバランスを保つことで健康な体を維持します。さきほど「オメガ6脂肪酸は過剰摂取に気をつけましょう」という話題に触れましたが、ここで登場してくるのが同じ多価不飽和脂肪酸のオメガ3脂肪酸のDHA・EPAなんです。

DHA・EPAは悪性エイコサノイドが生まれるのを抑えてオメガ6脂肪酸が正しく働けるようサポートするパートナーなんです。

でも面倒を見る相手が多すぎてはサポートが行き届きません。ですので、オメガ6脂肪酸:オメガ3脂肪酸の摂取分量比率は4:1程度が理想と言われているんです。

肉食に偏っていてオメガ6脂肪酸が多めな現代人にすれば、よりDHA・EPAなどオメガ3脂肪酸をしっかり摂取してこのバランスを正したいところですね。

ファストフードや外食など、オメガ6脂肪酸を含むお肉は安く簡単に食べられますが、DHA・EPAなどオメガ3脂肪酸は亜麻仁油・荏胡麻油・シソ油などなかなか使わない油や、新鮮な魚にしかほとんど含まれないため、食事から摂取するのはかなり難しいのが現状です。

脂肪酸のバランスをとるためには、サプリメントでDHA・EPAを補うのがおそらく一番確実で簡単な方法ですね。

ここで「アレルギーはわかるけど、炎症とかって実際そんなに悪いものなの?DHA・EPAを補うと具体的にどう変わるの?」と思われるかもしれません。ではDHA・EPAを摂取して脂肪酸のバランスをとる事で改善が見込める症状を見てみましょう。

オメガ6・オメガ3脂肪酸のバランスが整うと改善する可能性

  • アトピー、アレルギー、リウマチなどの免疫疾患が改善
  • 細胞膜が柔軟になり血流改善
  • 血栓ができにくくなり、脳梗塞や心筋梗塞の予防
  • ニキビや化膿などの炎症が改善
  • 細胞のがん化を予防
  • 慢性疲労症候群などの脳の炎症の改善
  • 内臓の炎症による病気の改善
  • 炎症による慢性的な腰痛や関節痛などの改善

代表的なものをあげるだけでもこれだけあります。そのほか炎症を伴う病気はものすごく沢山あります。内臓に慢性の炎症があればそれぞれの場所にちなんだ病名がつきますし、慢性的な腰や関節の痛みもそこが炎症を起こしている場合があるんです。

また本人が気がつかないうちに「なんだかだるい・・・しんどい・・・体が重くて動けない・・・」ということがあります。これは脳の炎症が原因だったりする場合があるんです。

最近ようやく認知度が高まってきましたが、脳の炎症で生活に重大な障害が出る慢性疲労症候群と呼ばれるれっきとした病気が存在します。DHA・EPAで脂肪酸のバランスが整うことで炎症が改善されれば「原因不明だった辛さ」から解放される可能性もあるんです。

DHA・EPAなどのオメガ3脂肪酸とは何か、簡単にまとめると「現代人に不足しがちな、脂肪酸バランスを整えるあらゆる不調の救世主」ということですね。いろんな不調を広くカバーしてくれるので、お医者さんに相談してもダメだった原因不明の不調が楽になることも考えられます。

脂肪酸のバランスを意識した食事、DHA・EPAをしっかり摂取する生活を習慣にしてみましょう。

 
ページのトップへ