EPAってどんな成分?その働きとおすすめのEPAサプリ

EPAってどんな成分?効果やDHAとの違いとおすすめのサプリ

魚由来の健康に良い成分といえばDHAが有名ですが、その仲間のEPAという成分はご存知ですか?中性脂肪やコレステロール値の安定、生活習慣病の予防に有効な栄養素なんですね。ここではEPAの作用やDHAとの違いについて紹介したいと思います。

EPAとは何か?その効果と摂取するメリット、EPAが主成分のサプリまとめ

健康に良い、魚から摂れる成分とは?と聞かれて真っ先に思い浮かぶのがDHAですよね。頭が良くなるという事で一気に有名になった成分ですが、そのDHAの仲間がEPAという栄養素です。

血液をサラサラにしたりアレルギーを抑える作用は同じですが、EPAのほうがコレステロールや中性脂肪を抑えるパワーが強いなどの違いがあるんですよ。

健康診断対策にぜひ飲んでおきたいサプリメント成分、EPAについて紹介したいと思います。

EPAってどんな成分で何から摂れるの?

EPAとはエイコサペンタエン酸(eicosapentaenoic acid)の略で、n‒3系脂肪酸に分類される青魚由来の脂肪酸です。そう言うとちょっと難しい感じがしますが、簡単に言うと魚に含まれる脂の一種なんですね。

後で作用を詳しく紹介しますが、中性脂肪やコレステロール対策、アルツハイマーの改善など、中高年の悩みをケアしてくれる健康成分として、このEPAが注目されているんですね。

青魚もEPA豊富だけどサプリで摂取するほうがオススメ

EPAはマグロやいわしなど、生の魚にもよく含まれています。ただ、調理したり時間が経って鮮度が落ちると成分が壊れて、なかなか効率的にEPAを摂取する事ができないんですね。

つまり、EPAを摂取するなら、サプリメントが1番手軽で間違いない方法と言えます。

EPAは同じn‒3系脂肪酸のDHAとセットでサプリメント化されている事がほとんどなので、DHAとEPAのどっちが多く配合されている商品を選ぶかで効果が変わってくるんです。

EPAとDHAの違いを知ってサプリを選ぼう

  • 中性脂肪やコレステロール安定の作用はEPAが高い
  • 脂肪対策の医薬品として使われているのはEPAだけ
  • 目や脳まで到達して作用するのはDHAだけの特徴

健康診断対策に飲むならEPA多めのサプリ

EPAはDHAよりも血液サラサラ作用が高く、中性脂肪やコレステロール対策の面でより優秀です。

ただし、DHAは血管や血の赤血球に作用して、EPAは赤血球と血を固める血小板に働きかけるため、ちょっと違うメカニズムで血液をサラサラにするんですね。

健康診断対策ならEPA多めのDHA・EPAサプリがオススメですが、両方がしっかり配合されている商品が1番理想的と言えます。

脂質異常症の医薬品として使われるのはEPAのみ

また、中性脂肪を安定させる作用が高い事で、EPAは医薬品としても活用されている成分です。脂質異常症(高脂血症)対策薬のエパデールがそうですね。

DHAのみを使った医薬品はまだ開発されていないので、そこもDHAとEPAの大きな違いです。

脳や目に届いて発達を助けるのはDHAだけの特徴

DHAは脳と血管を繋ぐ血液脳関門を通過できるため、脳に到達して脳神経のつながりを増やしたり、記憶力を維持する作用を発揮できる性質を持っています。これはEPAには無い作用ですね。

ただ、脳に届かないまでもEPAはアルツハイマー病を抑制する作用があるので、中高年の人はEPAを多めに、お子さんの脳を育てたい時はDHAが多めのサプリが良いと言えます。

DHAとEPAならどっちが多く配合されたサプリがオススメ?

EPA量多めのサプリがオススメの人DHA量多めのサプリがオススメの人
中性脂肪やコレステロールが気になる
血糖値や血圧が高いので安定させたい
将来のアルツハイマー病が心配…
→健康診断が気になる大人にはEPA多めがオススメ
頭の良い子になるよう脳をしっかり育てたい
子供の受験に備えて記憶力を伸ばしてあげたい
子供の目が健康に育つように栄養を考えたい
→子供や妊婦さん、授乳中のママはDHA多めがオススメ

40代以降の大人はEPAが多めのサプリを、脳や目が育つ途中の子供や授乳中のママにはDHA多めのサプリがオススメという事ですね。

EPAを摂取する3つのメリット

ここまでDHAとEPAの違いについて紹介してきましたが、EPAを摂取するとどんな良い事があるのか、もっと詳しく紹介したいと思います。

  • 血液サラサラ作用で中性脂肪やコレステロール値が安定
  • 炎症を抑えてアレルギーや肌荒れ対策してくれる美肌効果
  • アルツハイマーの予防やメンタルのケアにもEPAが有効

EPAで血液をサラサラにして健康診断対策しよう

EPAは赤血球を覆う膜を柔らく滑りよくする事で、血液を流れやすくする作用があります。

管の中を固い石ころが引っかかりながら通るのがドロドロ血液、玉状のゼリーがつるんとスムーズに流れていく感じがサラサラ血液とイメージするとわかりやすいですね。

あと、怪我などをした時に血を固める血小板の作用を調整するのもEPAの作用です。つまり、サラサラと丁度良い固さの血液を作るんですね。

血液がつるんとサラサラ流れるようになれば、エネルギーが体の隅々まで運ばれ燃えやすくなります。このエネルギーとは血中の糖や脂肪も含まれるので、結果的に中性脂肪の値や血糖値が安定するんですね。

血液サラサラ作用が重病を防いでくれる事も

さらに、中性脂肪は内臓脂肪や体脂肪に変化しますので、血行を良くして血中の脂肪を燃やしておけば太りにくくなるメリットもあります。

中性脂肪の値が下がれば悪玉コレステロールの値も下がる傾向があるので、EPAはコレステロールが高めの人にもピッタリですね。

また、血管がもろくなる動脈硬化や血の塊が血管に詰まって起きる脳梗塞や心筋梗塞の予防にも、このEPAが作るサラサラ血液が有効なんです。

脳梗塞や心筋梗塞などは命に関わる病気なので、EPAは命を救うエッセンスとも言えるんですね。

脂肪酸のバランスを整えアレルギーにも対策

ほかにも、EPAが分類されるn‒3系脂肪酸が持つ炎症抑制のパワーも見逃せません。

例えば、私たちが大好きなから揚げ、マヨネーズ、てんぷらなどの脂はn‒6系脂肪に分類される脂がほとんどです。この脂を取りすぎてしまうと、炎症が起きやすくなってアレルギーを招く場合があるんですね。

ここでEPAなどのn‒3系脂肪酸を摂取しておけば、その抗炎症作用のおかげで肌荒れなどアレルギーのリスクを下げる事ができるんです。

つまり、肌荒れしやすい敏感肌やアトピーの人にもEPAが有効なんですね。

EPAのアルツハイマー改善作用に注目が集まる

そして、近年の研究で注目されているのが、EPAが持つアルツハイマー改善作用です。

2000年に発表された日本老年医学会雑誌によると、アルツハイマー病の患者さん27人にEPA900mgを毎日飲んでもらいデータを取ったところ、3ヶ月で20名の患者さんに症状の改善がみられたんですね。

どうしてアルツハイマーにEPAが効果的なのか、はっきりしたメカニズムは調査中ですが、3ヶ月という短期間に7割以上のアルツハイマー患者さんに改善が見られた結果は驚きですね。

若い頃から偏食傾向にある人、魚が嫌いな人ほどアルツハイマーになりやすいという統計もあるので、今からEPAを摂取して魚不足を補っておくのは将来の安心につながると言えます。

参考:2000年 日本老年医学会雑誌・アルツハイマー病患者の食行動異常と摂取栄養素の解析および予防・治療への応用

不安やイライラなど心の問題もEPAがケアしてくれる

もうひとつ注目なのが、EPAがうつや不安対策に有効という説です。うつ病は強いストレスなど様々な理由で起こりますが、原因の一つに神経が炎症を起こすという事があります。

EPAは炎症を抑える作用があるので、神経の炎症であるうつや不安を軽くできる説が有力なんですね。

世界各国でEPAを心のケアに生かすための実験が行われていますが、なぜか女性のほうがEPA摂取でうつや気分障害が軽くなるという結果が相次いでいます。

ちょっと不思議な現象ですが、イライラや不安が辛い、心が重い…という産後や更年期の女性に、EPAは強い味方になってくれるんですね。

参考:2013年 静脈経腸栄養Vol28.富山大学医学部公衆衛生学 理化学研究所脳科学総合研究センター・ω3系多価不和脂肪酸と気分障害

大人の健康管理にEPA量の多いDHA・EPAサプリがオススメ

繰り返しになりますが、EPAはDHAよりも中性脂肪やコレステロール対策に有効ですし、アルツハイマー病も予防してくれる作用があるので中高年向きの成分と言えます。

もし、あなたが40代以上で健康診断の結果やお腹周りの脂肪が気になっているのなら、EPAが多めのDHA・EPAサプリがきっと強い味方になってくれますよ。

では、EPAが多めのサプリメントにはどんな商品があるのか、具体的に紹介したいと思います。

さかな暮らし(マイケア)

さかな暮らしのイメージ

中性脂肪やコレステロール値の安定、ダイエットにピッタリなDHA・EPAサプリ

EPAは脂肪の代謝を助ける作用があり、血中の中性脂肪や体脂肪を減らすのに効果的な栄養素です。そのEPAの量がダントツで多いサプリが、さかな暮らしなんですね。

DHAも中性脂肪対策に有効ですが、よりEPAのほうが脂肪代謝を助ける力が強い成分です。その証拠に、EPAを配合した中性脂肪値を下げる医薬品も存在するんですね。

さかな暮らしはその医薬品の配合にかなり近く、中性脂肪低下の作用を大々的に宣伝できる機能性表示食品として消費者庁に届け出も出しているサプリなんです。

また、中性脂肪を抑えるとコレステロール値も改善する場合が多いので、さかな暮らしはコレステロール対策にも有効ですよ。

  • 定期購入割引
  • コスパ◎
  • 魚嫌い
  • ダイエット・中性脂肪対策
さかな暮らし3つのポイント
  • ダイエットや中性脂肪、コレステロール対策なら1番オススメ
  • 中性脂肪の値を下げる医薬品に近い配合の機能性表示食品
  • 定価がリーズナブルなので長く飲み続けたい人にもピッタリ
キャンペーン価格 2,520 通常価格 2,800
内容量 180袋(約1ヶ月分) 送料 2袋買えば無料に
DHA含有量 260.0mg EPA含有量 600.0mg
さかな暮らしの口コミ
全体評価 4.4点
恵子さん 40
価格 5.0効果 5.0飲みやすさ 4.0サービス 4.0安心感 4.0
体重が3ヶ月で4kg落ちました
さかな暮らしを飲み始めて3ヶ月ですが、食事に気をつけたりウォーキングと併用したら3ヶ月で4kgも体重が落ちました。
肌も髪も調子が良いので、このまま健康的に痩せたいと思います。
参考になった人
1人
全体評価 4.0点
サリーさん 30
価格 4.0効果 4.0飲みやすさ 4.0サービス 4.0安心感 4.0
ダイエットに成功しました
ダイエットサプリを探していたところ、さかな暮らしに出会いました。
ジム通いのお供として飲んでいますが、トレーニングが疲れにくくなりましたね。おかげで、お腹の筋肉が引き締まりました。
体重も落ちると良いなと思っています。
参考になった人
1人
 
ページのトップへ